Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

万年筆 :: Pelikan Souverän M800 schildpatt-braun


キャップを閉めたところ

information Pelikan Souverän
収納時約 142 mm
筆記時約 167 mm
胴軸径約 13 mm
重量約 29 g
吸入式・18金ペン先
information Camera
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM & EF70-200mm f/4L IS USM


万年筆を 1 本新調した。
ペリカン スーベレーン M800Pelikan Souverän 800 schildpatt-braun)である。
仁屋番頭は子供の頃、父から書類、手紙類は万年筆で書く姿勢を見せられた。基本は「ブラックインクで、日用はブルーブラックにしておきなさい」ということだった。

理由は説明されなかったが、父たちの世代は公用文書は消えにくい万年筆で、インクは耐光性・耐水性のある顔料系/没食子系のブラックという社会常識だったらしい。今ではもっといい筆記具もありますので、古き良き時代のしきたりでしょう。私が私淑した父より 1 世代上の大学教授も、お手紙を頂くと必ず万年筆だった。この方は僧侶でもあり普段は毛筆で、地方に行くと掛け軸を見かけることも多い。

父が子供の私に説明してくれたのは上記のようなことではなく、ブラックはペン先を詰まらせやすいので、日用は多少インクフローがよく、取り回し易いブルーブラックにするのだ、ということだけだった。あとは取扱方、手入れの仕方、舶来ものはニブが日本語を書くのに向いていないなどのことを聞かされた。

そんな訳で、昔からいくつかの万年筆を使用し、それほど手入れをするわけでもないのでいくつかをダメにし、筆圧も強いので低価格帯のものは論文一本を書き終えないうちにダメにしてしまう。それで中価格帯のものが何本か生き残っている。

▼続きを読む
  1. 2014/01/30(木) 16:24:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よくないね!



気がつかなかったが、3 年前エントリーした記事で、Facebookの「いいね」の数字が、私の交友関係からは想定できないほどの数に上っている。その数、なんと!221票である。

日記がてらの記事に過ぎないのに……
写真に犯罪の手がかりになるような情報が含まれていた
とか
誰かが何かのテストターゲットに使った
とか
お馬鹿記事のサンプルに使われて笑われている
とか、ろくでもないことしか思いつかない。

一体なぜだろう? 怖いな~。

ブログパーツ
  1. 2013/03/24(日) 17:36:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡欧計画 : 暗礁にのりあげる


information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.11


久しぶりにドイツから仕事の依頼が来た。
仁屋番頭は後進に譲って引退したはずだったが、「何とかならないものであろうか」と言われると、即座に断るわけにもいかない。
相棒は、現在、もうフリー同然の立場であるので、行く気満々のようだ。

あいにく今度の案件は長丁場。
事足りないと分かっていても今の私の状況を考えると 2 週間と限度を区切り、それで計画をしてみるがどうあがいても年内は無理である。

そこでボスに、

  ・なぜ私のところに先方から連絡が来たのか
  ・今現在の担当はどうなっているのか


を尋ねてみた。彼らが行ってくれるだろうと期待して。

まぁオタクに連絡があったということはそういうことなんでしょうね。
たのむ! 行ってやってくれ。

「たのむ! 行ってやってくれ」
そんな言葉が返ってくるとは思わなかった。恩顧あるボスに言われて返す言葉もなかったが、どう算段しても無理だった。
仕方なしに先方に詫びの連絡を入れると、あちらも数段のやりとりの末、ドイツから日本に泊まり込みで来るという。
これはこれで大変だ。

宿泊はどうするのか、食事はどうなるのか。受け入れ体勢を作らなくてはならない。
相棒は、「折角のドイツに行ける機会だったのにダメになった」とカンカンである。

というわけで、数ヶ月後に研修生が数名日本に来ることになった。
久しぶりにマニュアルつくりに追われる毎日である。ドイツ語はおろか英語さえもあやしくなってきたというのに、果たしてどうなることやら。結果はごろうじてあれ。

ブログパーツ
  1. 2013/03/21(木) 20:03:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪が降ったなら


information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF70-200mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.11


雪が積もった。

数年前に地方の電車に乗っていたら、電動式の除雪機が車内通販で売っていたので思わず購入した。

ところがそれ以来、都内はあまり雪が降らなかった。2~3年前に一度降雪があったきり。その時ようやく出番が来たくらいで、あとはホコリを被っていた。

今回の積雪10cm(気象庁公式は 8 cm)は、購入した除雪機の許容値を超えていたが、それでも活躍してくれたのでたのもしい。

往来では、子供の手を引いた母親が、雪のないところを選んで歩いて行く。除雪のしがいもあったというものだ。ところが子供は、手を引かれながら、わざわざ雪のあるところを確認してその中を歩いて行く。子供と大人と、どうしてこうも感性が違うのだろう、と今更ながら感じている。その光景がほほえましくもある。

ブログパーツ
  1. 2013/01/15(火) 15:49:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大衆社会

習い始めたばかりの篆刻。前回は河井荃廬の「畫沙」がお手本。摹刻というつもりもないけれど、素人ながらあまりよくない出来。


これはひどい

テレビをつけると『開運!なんでも鑑定団』がやっていた。
爆笑問題というコンビの、太田とかいう芸人の嫁が依頼人だった。

最近私は、付き合いで篆刻を始めたが、依頼の品は、そんな私でも知っている呉昌碩の掛け軸だった。
▼続きを読む
  1. 2012/10/30(火) 23:08:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ビーリーとシィエンニュ

パンダと関係のない写真ですみません

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE
SoftwareDPP 3.9


いよいよパンダが上野動物園に来ることになったようだ。
子供の頃に、カンカンとランランが来たときのことを思い出す。とはいえ 10 年間のリースなのだそうだ。

もっともあのときは幼すぎて、パンダが日本に送られた背景や、周辺事情などはまったく知らない。

今回のパンダ君も、連日各番組が取り上げているので、いやが上にも情報が入り、あまつさえパンダの顔も見分けられるようになってしまった。 f^_^;

仁屋には、命そのものをリースにする感覚が絶対的に理解できないが、それは措いておいてパンダのお話。


昨日までのニュース

雄の比力(ビーリー)はシャイなイケメン
雌の仙女(シィエンニュ/シェンニュ)はおおらかで愛嬌もよい美人
そんな報道

ちなみにパンダ美人顔は定義があって、数少ない公認「パンダ大使」さまの説明では、
・眼がぱっちりと丸い
・顔の毛並み/輪郭が丸っこい
・耳が丸い
なんだ、みんな丸いバッカリだな……

と、まぁ、こんな条件に当てはまっているそうだ。


今日のニュース

今日の報道はやや込み入った事情を説明。
雄の比力(ビーリー)は四川大地震で保護された個体
雌の仙女(シィエンニュ)は生まれも育ちも保護センター

ウン? チョット……シャイとかおおらかと違うぞ。
四川大地震は当時のニュースでもあったが、野生のパンダもあまりのことで、木の上やそこらで体が硬直して動かなくなっていたというではないか。

それはシャイではなくて、心的外傷後ストレス障害では……。
シィエンニュのほうは、外敵も知らず、世間知らずなのだろう。

いずれにしろ、日本で送る第二の人生――地震も忘れて心安らかな日々を送って欲しい。(すぐに会いに行きますヨ)

ブログパーツ
  1. 2011/02/21(月) 21:39:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...