Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

灼熱の大地 :: Cambodia アンコール・ワットへの道 その1


information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 4.33


久しぶりの更新。

年始めにカンボジアに行くことになった。ついででアンコール・ワットを見てきた。

大分見るのに制限が設けられてきたので、近い将来立入制限されるところが設けられるのではないかとのことで仲間内で企画されたらしい。仁屋番頭にも声かかったので便乗することにした。自分で企画立案しないお出かけは、楽で楽しい。どちらも同じ漢字なんだなぁ。

早速質問なのだが、子供の頃松本零士の戦場漫画シリーズか手塚治虫の「三ツ目がとおる」の単行本だと思うのだが、単行本のページの穴埋めに、密林のアンコール・ワットかアンコール・トムを舞台にした読み切りを書き下ろし掲載していたのだった。

さて実際に行くとなると、急に又これが読みたくなる。しかし何というコミックの何巻に載っていたのかもはや覚えているわけもなく、ネットで調べても分からない。誰かご存じないだろうか? ストーリーは

何者かに追われ、東南アジアの密林をジープに乗って逃避行していた主人公一行は、見慣れぬ石工文化に迷い込む。そこでつかの間の休息を得たかのように見えたが一悶着がアリ、慌ててジープに乗り込みアクセルをふかすとその密林の街はもう見えない。夢か幻だったのか……。東南アジアには今でもアンコールウンタラという名前の遺跡が密林に眠っているという話しだ。

という感じだったと思う。回答をお待ちしています。

スポンサーサイト

▼続きを読む
  1. 2016/06/22(水) 19:11:57|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

させない目薬 : Singapore その4


正面はバスが停まったり、いい写真がなかったので、ピロティの写真をとりあえず

information
modelCanon EOS 30D
LenseEF-S 17-55mm f/2.8 IS USM
SoftwareDPP 3.2
ExposureTime1/25
aperture4.0
ExposureProgramAperture Value
ExposureBiasValue 0
isoEquiv 250
MeteringModeEvaluative
Picture StyleLandscape


夕食は、ラッフルズ・ホテル Raffles Hotelというところへ案内された。

近代的なホテルも多い中、いささか古びたホテルだ。
ところがどっこい、やたらと広く、聞けばもっとも格式が高いホテルの1つだということ。
全室スイートルーム、世界中の名士が泊まる、とのことだった。

ラッフルズ・ホテルの中庭の1つ。

information
modelCanon EOS 30D
LenseEF-S 17-55mm f/2.8 IS USM
SoftwareDPP 3.2
ExposureTime1/50
aperture2.8
ExposureProgramAperture Value
ExposureBiasValue 0
isoEquiv 100
MeteringModeEvaluative
Picture StyleLandscape




ブログパーツ
▼続きを読む
  1. 2009/03/16(月) 18:55:19|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

させない目薬 : Singapore その3

もとは海賊島というが、モンスーン地帯の森林だったのだろう
朝、暗いうちから、鳥の声が聞こえる。

テレビの野生動物の番組で熱帯雨林を特集したときのような、熱帯地方の鳥たち特有の、声を引くような啼き声が交わされ、あたり一面にこだましている。

その雨林が切り開かれて、現在のような街が作られていったと思う。

スズメが「チュン、チュン」
という日本の朝が、質素な日本の風土に合っていて奥ゆかしく感じられる。

アンコールという名前の水牛

information
modelCanon EOS 30D
LenseEF 70-200mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.2
Picture Style Standard



夜は夜で、ナイトサファリというところへ連れて行かれる。
この周辺が自然保護区となっており、ここからわずかに残る原生林が見えた。



▼続きを読む
  1. 2009/03/15(日) 18:55:18|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

させない目薬 : Singapore その2

車などの奢侈品は税率が高く、およそ本産国の3倍の値段になるという。それにしても淡路島の大きさの土地によくもこれだけというくらい車が多い。通勤ラッシュ前の1コマ
目抜き通りである「オーチャード通り」で。

information
modelCanon EOS 30D
LenseEF-S 17-55mm f/2.8 IS USM
SoftwareDPP 3.2
ExposureTime1/50
aperture3.2
ExposureProgramAperture Value
ExposureBiasValue 0
isoEquiv 250
MeteringModeEvaluative
Picture StyleFaithful



ハイビスカス:国花である

information
modelCanon EOS 30D
LenseEF70-200mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.2
ExposureTime1/160
aperture4.0
ExposureProgramAperture Value
ExposureBiasValue -1.0
isoEquiv 100
MeteringModeEvaluative
Picture StyleStandard



シンガポールは常夏の国
1年を通じて夏だが、5、6月がピーク。

今の気温は32℃だった。


▼続きを読む
  1. 2009/03/09(月) 18:06:52|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

させない目薬 : Singapore その1

海峡。多くの船が行き来する、歴史的な貿易港の面目躍如

information
modelCanon EOS 30D
LenseEF-S 17-55mm f/2.8 IS USM
SoftwareDPP 3.2
ExposureTime1/4000
aperture5.6
ExposureProgramAperture Value
ExposureBiasValue -0.7
isoEquiv 100
MeteringModeEvaluative
Picture StyleLandscape


……ということで、シンガポールよろしいでしょうか?

「へっ!? 行くのボク? シンガポール?」
なにがどう決まったのか聞いていなかったが、なにやら私がシンガポールに行く羽目になったらしい。そういえば、数年前の会議で「ドイツに行くのに同じ年にシンガポールなんてやってられない!」と却下した憶えがある。

今度は、私の都合で中止させるわけにはいかない。

世界三大ガッカリのマーライオン。しかもホロにおおわれている。それほど大きな建造物ではない

information
modelCanon EOS 30D
LenseEF-S 17-55mm f/2.8 IS USM
SoftwareDPP 3.2
ExposureTime1/125
aperture4.0
ExposureProgramAperture Value
ExposureBiasValue 0
isoEquiv 100
MeteringModeEvaluative
Picture StyleStandard




▼続きを読む
  1. 2009/03/06(金) 19:04:01|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陽関 : 最果ての歌



information
modelCanon AE-1P
Lenses New FD 35-70mm F4
New FD 50mm F1.2
New FD 300mm F5.6
New FD 28mm F2.8
FilmFuji ASA100 : Nega



陽関三畳

陽関は敦煌の西南約 76 Kmの地、もう新疆ウイグル自治区というほどの甘粛省にある。
東にはゴビ砂漠、西にはタリム盆地・タクラマカン砂漠が広がっている。

敦煌から北に向かうルートが玉門関、つまり敦煌より西北にあり、南に向かうルートが陽関となる。玉門関の南にあるから「陽関」といわれた。(「陽」には「南」の意味がある)


陽関は、王維(701?|761)の漢詩「送元二使安西」で有名だ。この詩は「陽関」もしくは「陽関三畳」という様式で歌われた。

王維 「送元二使安西」 (唐代)
元ニの安西に使するを送る

渭城朝雨浥軽塵  
客舎青青柳色新
勧君更尽一杯酒
西出陽関無故人
渭城の朝雨、軽塵を浥す
客舎、青青、柳色新なり
君に勧む、更に尽せ一杯の酒
西のかた、陽関を出づれば故人なからん

♪ 一夜明け、渭城を潤わせた雨は、舞い飛ぶ土ぼこりを洗ってくれた
  旅宿の柳も、青々と面目を新たにし、門出を祝っているようだ
  君よ、さぁ、もう一杯酒を飲み干したまえ
  陽関を一歩出てしまえば、西のかなた、友人もいないのだから  ♪
  • 「元二」は元家の二男の意味。
  • 「渭城」は渭水を越えた長安の北西にあった街。
    古来長安から西に旅立つ者をここから見送るとされた。渭水は水源を甘粛省:渭源県に持つから、船で旅立つこともあっただろう。
  • 「安西」 正確には〝安西都護府〟。 陽関から北西に進み、新疆ウイグル自治区・トルファンの手前の城郭都市・高昌におかれた軍事拠点


そもそも唐詩――というか漢詩は、もとは曲がついて歌われた。


▼続きを読む
  1. 2008/12/16(火) 18:33:29|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。