Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベルギーワッフル

ベルギー人がベルギーワッフル屋にならんで、ようやく口にしたところ、

おいしい!こんなお菓子食べたことがない


という冗談が一頃飛んだベルギーワッフル。今ではすっかりおやつの定番として定着した。コンビニなどでも既製品が袋詰めになって安価に販売されている。これが味はまぁまぁなのだが、結構アーモンドの癖があるメーカーがある。

最近嫁はんはレンジでチンをして出してくれる。外が少しカリッとして癖も抜ける。お薦めの食べ方である。

スポンサーサイト

  1. 2005/10/31(月) 19:41:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

街の情景 :: Takla Makan Desert


タクラマカン砂漠


風は玉門関を過ぐ

古来いく人の詩人が詠じ、夢みてきたのだろうか
砂漠の中のオアシスは、竈に火を入れ旅客の夢想を冷たく突き放す

秋葉凋みて寒林華散じ、人面煙霞の色を帯ぶ

煤にまみれた顔、刻まれた皺が目に浮かぶ

Canon AE1-P
NewFD-300 f5.6
古いアルバムより('86)



  1. 2005/10/31(月) 19:12:53|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

街の情景 :: Wien

Wien01.jpg

Wien:Albertina

そこはヨーロピアナイズされたエスニック料理を出す店。
語らいの場が欲しいのか、集いに人々がやってくる。
陽がまもなく暮れようとしている。


Nikon F100 F13AE +0.5補正 RVPF
VR24-120mm

Wien02.jpg

テラスは小鳥のボーイがパンくず拾い。レンズをむけると恥ずかしそうにあわてて隠れてしまった。
白い皿だけが取り残される。


Nikon F100 RVPF
VR24-120mm
Jun.2004



ブログパーツ
  1. 2005/10/30(日) 20:39:24|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

画像やパープルフリンジを見る:A200

画像はJPEG保存したものを使用。リサイズだけしている。全体的に地味目の発色との世評通り。もっとも実際の色に一番近いとも言えるそうだ。

figure01.jpg
[1] 夕刻、根津美術館の敷地にあった石像を取った。ピントは左二の腕あたりに合わせている。補正量が足りず質感が今ひとつ。

F3.2 1/10 P-AE -0.7補正 ISO50 WB:自動 54mm


figure02.jpg
[2] 朝方、上野文化会館。ピントは中央の緑の部分。こういうシチュエーションは無難にこなしている。


F4.5 1/200 P-AE ISO50 WB:自動 28mm




▼続きを読む
  1. 2005/10/29(土) 08:13:07|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A200を使用する

AF ……それほど早くも正確でもない。
比較対照機種を所有している訳ではないから、何ともいえないが、乗り換えの対象であったIXYと比べると、同じレベルか、判官贔屓で気持ち上か、といったところ。
ちなみに漠然とした被写体では、IXYは手前にあるコントラストがハッキリしているものに合焦する。(なぜか左手前が多い)A200は中央付近に合わせる傾向にある。

暗所でAF補助光がないのも痛い。が、IXYは補助光があっても合焦しなかったので、所詮コンパクトデジカメの世界は「あって気休め」、で納得している。そしてAF11点セレクタ(11点選択)や、フリーカーソルモード(フレックスフォーカスポイント)を搭載しているので、この点は期待どおり大きなメリットである。

ただしこの機能の利用はかなり面倒で、例えば非合焦と判断したら手動で次の動作に移る。
実行ボタン(セレクタ中央のボタン)」→「ダイヤル/AFモード切替」→「AFセレクタを選択(ローカルフォーカスエリアというそうだ)」→「実行ボタン/決定」
で始めてシャッターが切れる。最初から11点選択モードなどにしておいてもセレクタの位置を変更するには、2番目の「ダイヤル/AFモード切替」が省略するだけで、上記の手順を踏まなければならない。結構多用する機能なのでもう少し簡便にならないかと小一時間。。。
▼続きを読む
  1. 2005/10/28(金) 20:10:07|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

DiMAGE A200

DimageA200.jpg

デジカメを購入した。KonicaMinoltaのDiMAGE A200 というモデルである。

そろそろ一眼のデジカメを購入しようと思っていたのだが、銀塩はNikon F100を使用である。たのみのD200(仮称)は一向に出る気配がない。そこでコンパクトデジカメのハイエンド機種を取りあえず購入することに...

従来は、親のCanon IXY Digital 400 を時折借用。(これに気が引けるのも購入のきっかけに)
何も考えずに撮るのには最高だが、
・周知の通りAFは遅い
・マクロが全然合焦しない
・AFが思った場所に来ない
・AFが合わないで放棄されることが多い
・AFが合わないときに9点フォーカスエリアを選択する機能がない
・サービス版以上をプリントするのは辛い

などフラストレーションがたまるのも事実。
・マクロくらいもう少し何とかしたい
 (RICOHのGX8がいいか、Powershot S2 ISか)
・AFが拒否られたらせめて手動で

から始まり
・せっかくだからRAW撮り可能
・バリアングル液晶が便利そう

で、SonyのR1が発表、この手のものにすることに。

各製品を比較して、R1はサンプル画像の画質が今ひとつな上、ISOが160からだったりスペックが中途半端な感じがするので却下。ほかも一眼並にでかいのと、電動ズーム式は却下。高倍率ズームはお気楽性が第1なので、手振れ補正があるに越したことはない。

そこで KonicaMinolta DiMAGE A200 という機種が候補に。
▼続きを読む
  1. 2005/10/28(金) 14:17:07|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。