Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

季節の花 : つつじ

06_0430_01.jpg

Sony DSC-R1

連休ですけれど、例年この時期は連休を利用した仕事が詰まっていてどこにも行きません。ひたすら缶詰になって働きます。けれど今日だけはちょっと休んで、リフレッシュして明日からに備えようという気になりました。

それで……?

まぁ花なら、何が盛りかな、とそれくらいしか思いつきません。
更新ネタがないと、つい花に走るということもあるんですけど。。。

一度行きたいと思っていた足利学校やフラワーパーク。名物の藤はゴールデンウイーク後半が盛りとネットで調べると書いてあります。館林のつつじもゴールデンウイーク中。両方とも無理です。

小学校の遠足で行ったきりの深大寺・神代植物園。ここならそばも食べられるし、何かあるだろう……で取るものも取らず出発。

ところが初っ端から電車が車輌故障でストップしていました。
先行き不安になりましたが、めげずに勇気ある敢行を選択しました。

スポンサーサイト

▼続きを読む
  1. 2006/04/30(日) 20:14:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疑問 : 繁茂するクマ

06_0429_01.jpg

Sony DSC-R1

といっても何のことか分からないかもしれません。
近年本を読んだりしていると、鉛筆で描いたような簡略な線でできたクマ(熊)を見かけることが多くなりました。強いてあげればこんな感じです。
bear.gif


『こち亀』なんかにも出てきたような気がします。昔読んだきりでよく憶えていませんが。
ほかにも大分以前に読んだ 細野真宏著 『経済のニュース』 というのもこんな感じのクマだったと思います。
ポスペのクマもこんな感じでしょうか?

このクマは何かのイメージキャラなんでしょうか。もともとは何のキャラクターだったのでしょうか。版権とかはどうなっているんでしょうか。

気になります。
  1. 2006/04/29(土) 20:48:28|
  2. 書肆探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サクラ保存林

06_0427_04.jpg

Sony DSC-R1

花の季節もそろそろ終わり。
実は今月中程、天気もよいのでまたまた桜を見に行きました。
仕事は携帯電話で代理を頼んでいた方々にちょくちょく指示を出して……便利な世の中になりました。

06_0427_01.jpg

場所は多摩。
電車にゴトゴト乗って多摩森林科学園へ行きました。
桜保存林というところに、日本各地から集められた桜が植樹保護されています。したがって吉野のような桜雲は望むべくもありません、変わりに季節にあった種が代わる代わるに咲き、種類が豊富である点が他にない特色です。

写真は保存林の中を大分行った山の上。多摩(八王子?)の町を望んで。


▼続きを読む
  1. 2006/04/27(木) 21:22:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨上がりの午後

忙しくて更新不行き届き……ご免なさい <(_ _)> です。

雨上がり3ショット
雨よ降れ 降り注げ
そして夢を呼び起こしておくれ
子供の頃に見た夢を
雨が砂地を泡立てたとき 見た夢を
ブラームス『雨の歌』

という気分です。
06_0423_01.jpg

06_0423_02.jpg

06_0423_03.jpg

Sony DSC-R1

  1. 2006/04/23(日) 16:44:14|
  2. FOTOGRAFIE: die Vorstellung
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

緑の季節

06_0413_01.jpg

Sony DSC-R1

若葉萌え 古都の寺にも 夏きたる

青葉萌える季節になりました。
といっても、今日はまた少し寒くなってきました。
上の写真は昨日、緑がとても鮮やかだったので撮しておいたものです。
俳句は子供の頃、修学旅行で奈良に行ったときに作ったものです。何の曲用もなくてお粗末ですが、懐かしくUP

後は何気ないここ数日の風景です。
06_0413_02.jpg

06_0413_03.jpg



  1. 2006/04/14(金) 17:38:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィーンの市立公園 : Stadtpark

Stadtpark.jpg

Nikon F100
AF-S VR 24-120mm
またまた古い写真で恐縮です

ウィーンの公立公園 観光名所でもある
ヨハン・シュトラウス像、シューベルト像などがある
シュトラウス像はブロンズ色から金色に塗り替えられて最初は評判が悪かったが、見なれた今はそれほど非難されなくなったそうだ

緯度の高い街にしてはここ数年気温が高く、暑い日であったにもかかわらず、ご老体がベンチでくつろぐ姿があった


ブログパーツ
  1. 2006/04/10(月) 17:58:47|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山桜

06_0409_01.jpg

Sony DSC-R1


これは山桜という種類だそうです。
家族が枝をもらってきて、花瓶に挿しときましたら開き始めました。
つぼみをいくつもつけていたのですが、開いたと思うと花が咲くのではなく、そこから更に3~5本の茎とつぼみを出します。

分かりにくいかもしれないのでもう一枚。

06_0409_02.jpg

右上の後ろ向きのでご理解いただけますでしょうか?
枝からややいったところのふくらみが最初のつぼみで、そこから更に茎が出ています。
ソメイヨシノより花の大きさが1~2まわり位小ぶりで、可愛らしいサクラです。


▼続きを読む
  1. 2006/04/09(日) 19:06:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石花:コンクリートジャングル

仁屋番頭の住んでいる東京は味気ない街である
関東平野ということもあり見晴らしても緑は見えず、山もなく、川は濁っている

06_0407_01.jpg

Sony DSC-R1

たまに色とりどりの花があればこういう感じである
コンクリート花とでも呼べばいいのだろうか
“煙が目にしみる”という曲ではないが「すいがら入れ」の文字が目にしみて痛い


▼続きを読む
  1. 2006/04/07(金) 23:22:34|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

花のワルツ

06_0402_01.jpg

年年歳歳 花 相似たり
歳歳年年 人 同じからず

中国の詩人が故郷に還り到り、愛撫したのは梅の樹だった
日本人はサクラを愛で歌う
ユダヤ人が日本人のそれと同じような感情を抱くのは、アーモンドの花だという

06_0402_02.jpg

最近サクラは、盛りが過ぎるとボタンのように首からポタッと落ちる現象が見られる
掃き掃除をしていると通行人が、水につけておくとおしべの部分が延びる、と教えてくれた
本当?
Sony DSC-R1
processed RAW material by Image Data Converter SR



▼続きを読む
  1. 2006/04/02(日) 20:19:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。