Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラハの居住区 :: プラハ Praha

060929_01.jpg

 Sony DSC-R1 
processed RAW material by Image Data Converter SR

チェコというと、「プラハの春」や1989年の「ビロード革命」により自由化を果たした国という印象が強い。それはつい最近まで社会主義国だったという見方を私たちに植え付けてしまう。

というのは、実際に行ってみると中国に行ったときと同じような感覚が呼び起こされたからであるが、これはチェコが旧社会主義国の体制をいまだ脱しきっていないせいなのか私の先入観なのか、自分自身よく分からないでいる。恐らくその両方なのだと思う。
妙に砂っぽい街、トラムのチケット1つ入手するのにもその場でどうにもならない融通の利かなさ……

スポンサーサイト

▼続きを読む
  1. 2006/09/29(金) 21:10:44|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ビア・ホール :: プラハ Praha

060928_01.jpg

 Sony DSC-R1 

チェコはビールが美味しいことで知られている。
ビールだけではない、料理もたいそう美味しい。

日本を発つ前には「ドイツはどんな料理が美味しい?」と尋ねられた。(チェコの話題中恐縮だが、ドイツに行くのが主たる目的だったことをお断りしておく)

ドイツはもともと味覚音痴の国で知られている。特に私が行くところはチロル地方に分類される田舎の村。パンとチーズと多少のハムしかない。勿論、それにビールとワインくらいはある。いつも仕事が終わって帰国途中、都会の街が徐々に近づくとパンやハムの種類も増え、ソーセージが加わりだし……という感じである。ただしパンだけは滅法美味しい。ルターが夕べの祈りに「今日のパンをありがとう」というようなフレーズを入れたのがよく頷ける。そして質問されるたびにそういう風に応えることにしている。


▼続きを読む
  1. 2006/09/28(木) 20:50:44|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エプソン P-4000 :: DSC-R1日記

060926_01.jpg

 Sony DSC-R1 
MIYAVIX の PDair に容れて。銀のステッチがとてもお洒落である

デジカメを携えて旅行に行くのは初めてである。

必要と考えたのは
1. メディアの増強  2. 小型の三脚  3. 外部ストロボ

三脚はマンフロットの「 709B 」というモデルが以前から気になっていた。こういう時でないと機会を失うのですぐ購入。荷重量も付属の自由雲台 482 は 1 kgまで、 DSC-R1 は一応大丈夫。高さを稼ぐポールつきのものにしたのは後になって正解だったと思っている。

外部ストロボは、今後発展性のないこのカメラ( Sony Cyber-shot DSC-R1 )のために用意するのは無駄だと判断した。

さて、幸いメディアは価格が相当下がっているのでこれは多少買い増しした。
ほかにはフォトストレージ、今後も必要になるかと考えエプソンの「 P-4000 」を考えていた。しかしながら要はハードディスクを持って歩くようなもの、ディスプレイが必要なのか、必要ならば小型のPCを購入した方がいい。またカメラがソニー製、ソニーのストレージ「 HDPS-M10 」は耐衝撃設計をうたっていて、海外旅行における荷物搬送の粗雑さを考えるとどう考えてもショックに強い方がいい。ショップに行って尋ねると耐衝撃となっているのはソニー社製品だけということだった。


▼続きを読む
  1. 2006/09/26(火) 17:53:39|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チケット売り :: プラハ Praha

060925_01.jpg

 Sony DSC-R1 

マッチ売りの少女と見まがうような光景
人々が素知らぬふりをして通り過ぎるたびにやるせなさを感じる。

プラハの街ではチケットを売る女性が、時代的な衣装を着てコンサートのチケットを売っている。古い案内書を見ても同じ柄・同じデザインなのは、なにか由来でもあるのだろうか。
 【旧市街】 


ブログパーツ
  1. 2006/09/25(月) 18:57:52|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強制バトン :: 何それ?

060922_03.jpg

強制バトンだそうです。初めて聞きました。恐らくこの問いの答えを自分のブログに書きこめば好いんだと思います。違っていたら誰か訂正して下さい。

■今、どこにいる?
もちろんパソコンの前

■今、一番近くに誰がいる?
フクロウのぬいぐるみ。いろんな人に色々もらったな。なぜか皆フクロウ。

■今、どんな服装?
ランニング。

■今、何食べたい?
カップヌードルが食べたい。
ここ1年ほど食べていないかな

■今、何飲みたい?
甘い飲み物がいいな。そろそろ糖尿病を気にしなくては。

■今、真後ろには何がある?
ガラス戸

■今、まわりを見渡して、いちばん目についたものは?
Delphi付属の言語ガイド

■今、誰に会いたい?
昔ついていた指導教授
先生、ボクの存在は何だったんでしょう?

■その人に今伝えたいことは?
上掲の通り

■今、一番歌いたい曲は?
○音懺○

■今頭の中でパッと思い浮かんだ言葉もしくは台詞は?
不思善不思悪

■今の体調は?
お腹の調子がちょっと

■今どんな気持ち?
こんなことしている場合じゃない、と少々焦り気味。
まだお仕事の途中でした。

---------------------------------------
読み返して内容に若さがありませんね。ダメだこりゃ。
  1. 2006/09/22(金) 22:44:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミュンヘンの空の下で

060922_01.jpg

 Sony DSC-R1 

ミュンヘンの空はこんな感じでした。

数年前に新搭乗口も完成し、今回私たちが乗り継いだのはどちらかよく分かりませんが、ルフトハンザ機ばかりがならんでいました。

その中で白と緑に縁取られた機体 Air dromiti という一群がだけが許されたかのように陣取っていました。 Lufthansa のロゴも小さくいれられています。英語も通じないフライト・アテンダント。どこの国のどういう系列の航空会社かと思っていたらイタリアだそうで、ルフトハンザと提携して乗り継ぎ便を提供しているとのことでした。(そういえば現在イタリア領で、旧ドイツ語圏南チロルだったドロミティという地域がありました)

今回はあまり実感できませんでしたが、ドイツの空港は環境保護先進国な事だけはあり、飛行機の離発着時以外は照明は落としてあり、その時間になると職員が自転車に乗ってやってきて灯りをつけるなど、待ち時間の間も注意して見ていると面白いことが多々あります。(今考えてみるとフランクフルトだけかも。ほかではあまり見なかったかもしれない) 新聞も山積みになっており、コーヒー・紅茶もセルフサービスで無料でおいてあります。コーヒー一杯飲むのにも高い料金を支払わなくてはならないどこかの国とは大違いです。

ブログパーツ
  1. 2006/09/22(金) 17:48:21|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イザールトーア Isartor :: ミュンヒェン Muenchen

060921_01.jpg

Sony DSC-R1

イザール門をくぐってマリエン広場に向かうところにこの建物がありました。

どこから登るのか知りませんが、若者が屋根上で楽しそうに語らっています。ちょっとお年の仁屋番頭は加われそうにありませんので遠慮しました。

ハレ切りをしませんでしたのでゴーストが派手に出ていますが、変わった出方をしています。フレアやらゴーストの入った写真は好きな方ですが、これはちょっと使えませんね。

060921_02.jpg


ブログパーツ
  1. 2006/09/21(木) 16:32:35|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

哀愁のヨーロッパ

060916_01.jpg

チェコ ・ フラッチャニの丘に聳えるプラハ城
Sony DSC-R1
processed RAW material by Image Data Converter SR

ヨーロッパに行って来ました。(チェコドイツ
半分仕事で半分観光です。

060916_02.jpg

ドイツ国境沿いの牧歌的風景

仕事が終わったらのんびり行きたいところを回って帰ろうかと思っていたら、自分たちも観光したい、連れてけという人もいるので、仕事仲間の理解を得てツアーを組んでしまいました。
幹事で疲れましたが、皆さまにはご満悦いただけた様子。嬉しい次第です。

写真交換会・茶話会などの機会もなさそうなのでWeb上にアルバムを作りました。
左のリンクから飛べるようにしましたので、ご笑覧下さい。

ブログパーツ
  1. 2006/09/17(日) 09:30:52|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショーウィンドウ

060905_01.jpg

Sony DSC-R1

君を見つめる君がいて、それを見つめる君がいる。

ドレスは気の利いたアクセサリー

  1. 2006/09/05(火) 06:02:05|
  2. FOTOGRAFIE: die Vorstellung
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

060903_01.jpg

Sony DSC-R1

曇るガラスの向こう側で
1隻の船の入港
灰色の波 蕭雨
重い空気

平和を謳歌しているその横を
非日常的な現実が通り過ぎる

ガラス1枚のあちらとこちら

  1. 2006/09/03(日) 19:56:02|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。