Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニャンだか少しフジクローム : 30D 日記

070226_01.jpg070226_02.jpg
EOS30D
EF-S 17-55mm f/2.8 IS USM
1/80 f5.6 Av ISO200
by DPP【スタンダード】
同 by DPP2.2
【雑誌にあったベルビア風】

先週、13日間の入院生活を終えて EOS30DEF-S 17-55mm レンズが戻ってきていた。
調整の結果は必ずしも芳しくなく、「修理票」並びに SC 問答では
「規格内」……「だが」……
「ピントが中心にくるように調整した」
ととっても微妙な言い回し。なんだか矛盾していません!?。

お陰で「ピント」が「合わせたところに来ているように」「見える」ようにはなったが、等倍で見ると解像感はほとんど変わらない。DSC-R1 に見なれていたからなぁ、こんなものなんでしょうね――レンズ交換型。ハズレ玉に当たったのかもしれない。

AE傾向

一応調整も済んだので、安心して使うことにして次の課題は使いこなし。
今回は写真雑誌に載っていた2つの記事について記載しておこうと思う。(もともとこのブログは綺麗な写真を載せるためではなく、失敗やら何やらの備忘録なんです)

AFと露出制御が、9点の測距点を持つ「35分割TTL開放測光」というたいそうな謳い文句なんですけれど、使用して一番最初に感じた感想は AE1-P と癖がほとんど変わらない。やや影になった被写体を空をいれて撮すと極端にアンダーになる。AE1-P を使用していた感覚が懐かしくてキヤノン機にしたんですけれど進化が感じられず、これはこれで複雑な気持ちの誤算です。

まずは『DCM』(デジタルカメラマガジン)2006年7月号の記事。AEについての検証記事がある中の輝度パターンに対するもの。5つの被写体を対象にして実験している。
Chart1  【+-0】
  「全画面」18%グレー


Chart2  【-1.7】
  「中央部10%」が18%グレー、「周囲」白


Chart3  【-0.7】
  「中央部35%」が18%グレー、「周囲」白


Chart4  【+1.3】
  「中央部10%」が18%グレー、「周囲」黒


Chart5  【+-0】
  「中央部35%」が18%グレー、「周囲」黒
 ※ 5について雑誌は「周囲:白」としていたが独断で黒に訂正

+-つきの【】内の数字は、30D が測光した露出の変化である。

スポンサーサイト

▼続きを読む
  1. 2007/02/26(月) 20:09:35|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DSC-R1の露出の傾向 : DSC-R1 日記

さて、書こうかどうか悩み、また何時書こうかどうしようか思いとどまり、そうこうしているうちにとうとう生産完了になってしまったのでこの機会に書いておこうとキーボードをタイピングしている。

ソニー DSC-R1 を使用して約 1 年ほどになる。

デジカメになり、被写体が液晶画面に表示され確認しながら撮影 / 記録できる。このことにデジタル時代ならではのメリットを感じた。そしてコニカミノルタの A200、ソニーの DSC-R1と機種を選択してきたのは、シャッタースピードや露出、露出の補正、WB の設定までもが、リアルタイムに液晶及び EVF ファインダーに反映されるからである。これはデジタルでも一眼レフカメラではできない利点である。(部分的には一眼レフでも実現されている機能もある) つまりあえて一眼レフを選択しなかったのは、繰り返しになるがそこにデジタルカメラならではの魅力を感じたからである。
素人が銀塩カメラでは分かりにくかった、露出の動きなども勉強できるだろう、という気負いもあった。

【サンプル1】
070217_01_01.jpg070217_01_02.jpg
Mode:Av
1/200
f3.2
+-0EV
ISO160
Mode:Av
1/200
f4.0
-0.3EV
ISO160
左下縦位置で極端にアンダーとなり、露出値の変更や露出補正が利かなくなることがある。両画像は露出などが全く同じ条件でなくなってしまったのでサンプルとして不的確だが、この状態に陥ったとき、モードやダイヤルをガチャガチャ動かさないと画像がアンダーに潰れたままになってしまうので、なかなか揃えられない。それにしてもこの記録画像の差についてお分かりいただけると思う。

左画像:左下縦位置時。露出補正無し。この時露出補正を動かしても補正利かず。
右画像:横位置にしても戻らず。露出値を変えたり、モードダイヤルをシャッタースピード優先にしてシャッター速度を変えながら露出補正ボタンを変えたり、何度か繰り返して動くようになるので、その後に撮ったのが右の写真。逆光時または高照度下によくなるものと思っていたが、このような曇の時にもなった。



▼続きを読む
  1. 2007/02/24(土) 12:00:00|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

更新不行届

当方の不手際で、一週間もブログにログインできない状態が続いていました。お陰で更新しようにもできませんでした。その間、運営しているFC2さまとメールのやりとりをしていました。

本日ようやく、FC2さんにしてみれば「なんでこんな所までサポートしてあげなきゃなんないの!」というようなメールに従って、あれこれやっていて晴れてログイン成功。済んでしまえば、小生のPCの問題でありました。

この場をかりて、FC2さまにお手間をとらせたことお詫び申し上げます。
  1. 2007/02/24(土) 09:40:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たたずむ

070216_01.jpg
EOS 30D  EF-S 17-55mm F2.8 IS USM  processed RAW material by DPP 3.2
1/200 F11 Av -0.3EV ISO100 【HDR加工】



城の中の1棟の館
重い雲を垂るる空
そばにたたずむ痩せた木が、湿りを帯びた風に嘯く

こんな風景が結構気に入っている。
場所はブルクハウゼン。長城形式ではヨーロッパで最長の長さを遺している史跡である。


ブログパーツ
  1. 2007/02/16(金) 18:07:23|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅の残影

070215_01.jpg
Sony DSC-R1 1/250 F10 Av ISO160  【 2006年夏-秋 カレル橋にて 】


ウィリアムはスロヴァキア出身の若者、今回のドイツ行きで知り合った新しいスタッフである。
スロヴァキアとドイツは物価が7倍ほど違うとか。
彼はチェコの外資系の会社に勤務、お陰でドイツに滞在していられる。5ヶ国語を駆使する。
ウンウン、チェコは去年行った
ここから話が始まり、彼は得意げにカレル橋は卵でつながれていてボルトや釘の類は一切使われていないとか、、、すっかり意気投合、話が弾む。
「次はいつチェコに来る? 自分がドヴォジャークを聴きに案内しよう」
「残念ながら近い将来に訪れる機会はない。でもその時が来たら是非お願いするよ」

日本を出ると新しい世界があり、新しい知見があり、新しい邂逅がある。
それが楽しくて多少の労苦を厭わず飛び出すのだが、同時にいつも心を痛めるのは、
・相手の誠意に応じられないこと  ・出会いに必ず別れがあること
この2点である。
またいつの日か再会すること約束して別れを告げる。こんな約束をもう何人の人と交わしてきたことであろうか。一期一会という言葉が却ってしらじらしく感じられる瞬間である。


ブログパーツ
  1. 2007/02/15(木) 21:00:18|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

冬のドイツは抒情的か?

070210_01.jpg
EOS 30D  EF-S 17-55mm F2.8 IS USM
processed RAW materials by DPP 【トリミング】


昨年夏に行ったドイツの件で書類上のトラブル発生。
取るものも取りあえずとんぼ返りで行ってくる。

ミュンヘンは平均気温 6-7 ℃。仁屋番頭の訪問先はだいたいミュンヘンより 10 ℃ほど下回る。
これでも例年より 5-6 ℃近く気温が高いという。完全防寒の仕度をして行ったが、今年は雪も 3 回くらいしか降らずわずかに積雪が残っている程度。異常な暖冬だそうだ。

久しぶりだという降雪が 2 日ほど続き一時大地を白くしたが、あいにく銀世界の欧州にお目にはかかれなかった。

30D + EF-S 17-55mm F2.8 IS USM は帰国後すぐに修理に出す。写りがおかしい。

070210_02.jpg
お馴染みの羊たち。メ~~ッ!




ブログパーツ
  1. 2007/02/10(土) 16:48:46|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。