Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マウントアダプター その2

HDRといいマウントアダプターといい、邪道に走る仁屋番頭。

アダプターは、これで露出値や焦点距離が EXIF に記録されれば使いかっての悪さをカバーして評価ももう少し上がろうが、それは無い物ねだりというものである。もう少しピント合わせが楽にできたら……などと言い出したらきりがない。

それほど多くもないニッコールレンズを持ち出しての感想。
以下 3 本の常用レンズは、いずれも晴天下では(色が飽和気味で不安定だけれど)大きな問題はない描写である。どれも開放付近から結構使える。問題は曇天や室内。どうしてこうピントが合わないのだろう、ひとえにファインダーのせいなのだろうか。物理的にはそうなんでしょうけれど。

以下共通 Canon EOS 30D
processed RAW materials by DPP


Ai AF 50mm F1.4D

とりあえずよく写ってくれる。
ニコンレンズの発色は独特のアクがあり、その癖を好む人と好まない人があると思うが、DIGIC II やピクチャースタイルに中和されてかノリのいい色になる。
このレンズは単焦点のことだけはあって、近景から遠景までよく写る。こと中景-遠景は純正の EF-S 17-55mm F2.8 IS USM だったら比ではない。アダプターを介して負けとあれば、たとえズームといっても高価なレンズ、立場がない。

070428_01.jpg070428_02.jpg
1/125 Av -0.3EV ISO100
どことなく黒を含んだドスの利いた赤がニコンレンズの特徴だが、飽和気味ながら透明感がある色として表現される。
1/250 Av ISO100
対岸の建物。等倍鑑賞でも鑑賞に堪えうる


スポンサーサイト

▼続きを読む
  1. 2007/04/28(土) 20:12:50|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マウントアダプター

070426_01.jpg
Canon EOS 30D + Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
processed RAW materials by DPP
1/750 -1.0EV Av ISO100

デジタル一眼レフはキヤノン・EOS 30Dが手持ちである。さてレンズはどうしたものか。

とりあえず手元にはそれまで使用していたニコンキヤノン New FD レンズがある。いずれも EOS EFマウントに直接つかない。EFレンズを揃えればいいだけの話だが、これらの資産を活用したいとの考えがあった。

EOS の選択はマウントアダプターなるものの存在があってのことである。
これがあるので、ニコンFマウント EOS に装着してみるという算段をしていたのである。

EFマウント(EOSマウント)は後発のせいもあり、フランジバックが短くとってある。つまりフランジバックが長い他社マウントのレンズも無条件ではないけれど使用できる。これが逆だと、即ちフランジバックが長いボディに短いマウント用のレンズをつけると、無限遠が出ないという。キヤノンがそこまで考えて規格を設定したかは分からないが、いずれの他社より短くとってあり、一部の人からユニバーサルマウントと呼ばれもする由縁である。

というわけで、マウントアダプターは各社から出ている。取りあえずよく名前の上がる近代インターナショナル「ニコン- EOS マウントアダプター」なるものでニッコールレンズが使い物になるのかどうか実験。

WEB 上にも愛好家のサンプルがたくさんあるが、営利組織の紹介記事(例えば「デジカメWATCH」 http://dc.watch.impress.co.jp/cda/item/2006/05/23/3813.html )を参考にした。
上記記事を引用しつつ私見も加えると、以下のようになる。
■ モードはマニュアルか露出優先モードで撮影可能
■ フォーカスはマニュアル。フォーカスエイド機能は機能しない(EOSのこの機能はあってなきが如し。この程度ならフォーカスエイドと名のるな、と言おうと思ったら取扱説明書は「合焦マーク」となっていた。それならよろしい)
■ ボディの液晶パネルの露出値は「00」を示す。絞りの設定はレンズの絞りリングで行う。
■ かなり絞らないと画像がゆるいレンズがある
■ ピントが合いにくい(ファインダーのせいもあるけれど、それにしてもピントが合いにくい。上記項目との関連はいかに)
■ 天候によって測光の傾向が変わる(ような気がする)

またどこかにも書かれていたが、説明書が簡便すぎる。どれが取付指標なのかさえも記述がない。またレンズをアダプターから外す折の「アダプターの解除ボタン」も名称は出てくるが、製品を見てどこに該当するのか分からなかった。上記のホームページ写真を見て確認した。せめて写真がダメでも挿絵くらいはないと。

▼続きを読む
  1. 2007/04/26(木) 20:36:43|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

内緒話

070425_01.jpg


ねぇ ねぇ お話ししようよ
言葉は通じなくても、心はつながる

EOS 30D  EF-S 17-55mm F2.8 IS USM
1/800 f5.6 Av -0.3EV ISO100
processed RAW material by DPP 【バイエルン州】

▼続きを読む
  1. 2007/04/25(水) 21:06:09|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルクハウゼン その2 : Burghausen

070424_01.jpg
Nikon F100  AF-S VR 24-120mm

初夏にブルクハウゼンに寄ったときのネガが出てきました。
デジタルICEをオフにしてスキャンするとノイズは減るのですが、ゴミか傷か、いろいろ入ります。フィルムのスキャンは難しいですね。

▼続きを読む
  1. 2007/04/24(火) 20:49:45|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘桜の時節

070423_01.jpg



今年は桜をタイムリーにブログに載せることができませんでした。
忙しくて鑑賞したり出かける時間がとれなかったのです。

およそ1月前になってしまいましたが、近所の桜は数枚撮っておいたので、折角ですから今年の記録に載せることにします。無いよりはマシかな、と思った次第です。

今日のニュースでは弘前あたりが見頃を迎える、と報道されていました。
EOS 30D  EF-S 17-55mm F2.8 IS USM
processed RAW material by DPP

070423_02.jpg
例によってHDR加工




  1. 2007/04/23(月) 22:11:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COREDO と OAZO : 日本橋

07_0416_01.jpg
【1】 1/200 F2.8 ISO400


07_0416_02.jpg
【2】 1/100 F2.8 +0.3EV ISO200


雨の日本橋を歩く。
といっても 3 月来休みなく働き続けたので、買い出しを兼ねての息抜きである。

【1】 丸善
書籍の老舗、丸善は OAZO に大店舗を搆えて日本橋本店は休業建築中だったが、このたび無事落成した。再び店舗を搆えてくれたことが嬉しい。今日の一番の目的はここの視察。でも時間が足りなくて一部フロアしか行けなかった。

そんな訳で充分に見れはしなかったが報告すると、まだ本棚に空きが目立つ。また10年程前の古い雑誌なども並んでいた。こうしたリニューアルの時は実は結構穴場で、一度倉庫にいれた本を並べる過程で倉庫に眠っていた絶版書などが一緒に出てくることが多い。今度改めて見に行かなくてはいけない。写真はノーファインダー。

EOS 30D  EF-S 17-55mm F2.8 IS USM
processed RAW material by DPP

▼続きを読む
  1. 2007/04/16(月) 20:36:48|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セピア色の記憶 : ウィーン Wien

07_0415_03.jpg


07_0415_01.jpg


Nikon F100 AF-S VR 24-120mm
古いアルバムより



▼続きを読む
  1. 2007/04/15(日) 21:00:31|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。