Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆらぐ世界



information
modelSony DSC-R1
SoftwareImage Data Converter SR Ver. 3
+ HDR
exposure1/640
aperture2.8
ExposureBiasValue 0.3
isoEquiv 160
MeteringModeEvaluative
focalLength71.5
LocationPraha


今年は本年の 10 大ニュースも取り上げないうちに大晦日を迎えてしまいました。

米国サブプライムローンに端を発する、急速な景気後退が私たちの生活を脅かし、不穏な空気が街や世界を覆っています。産業の構造も転換を迫られるでしょう。

どのような社会であっても、それを作り上げる/たのは私たちです。
私たちの通った足跡にしか過ぎません。

過去はかえられませんが未来は新しくつくって行くことができます。

新しい年へ……かすみゆらぐ世界を観ながら  よりよい世界を夢みて

ひとまず眠りにつくことにします


ブログパーツ
スポンサーサイト

  1. 2008/12/31(水) 14:03:14|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

陽関 : 最果ての歌



information
modelCanon AE-1P
Lenses New FD 35-70mm F4
New FD 50mm F1.2
New FD 300mm F5.6
New FD 28mm F2.8
FilmFuji ASA100 : Nega



陽関三畳

陽関は敦煌の西南約 76 Kmの地、もう新疆ウイグル自治区というほどの甘粛省にある。
東にはゴビ砂漠、西にはタリム盆地・タクラマカン砂漠が広がっている。

敦煌から北に向かうルートが玉門関、つまり敦煌より西北にあり、南に向かうルートが陽関となる。玉門関の南にあるから「陽関」といわれた。(「陽」には「南」の意味がある)


陽関は、王維(701?|761)の漢詩「送元二使安西」で有名だ。この詩は「陽関」もしくは「陽関三畳」という様式で歌われた。

王維 「送元二使安西」 (唐代)
元ニの安西に使するを送る

渭城朝雨浥軽塵  
客舎青青柳色新
勧君更尽一杯酒
西出陽関無故人
渭城の朝雨、軽塵を浥す
客舎、青青、柳色新なり
君に勧む、更に尽せ一杯の酒
西のかた、陽関を出づれば故人なからん

♪ 一夜明け、渭城を潤わせた雨は、舞い飛ぶ土ぼこりを洗ってくれた
  旅宿の柳も、青々と面目を新たにし、門出を祝っているようだ
  君よ、さぁ、もう一杯酒を飲み干したまえ
  陽関を一歩出てしまえば、西のかなた、友人もいないのだから  ♪
  • 「元二」は元家の二男の意味。
  • 「渭城」は渭水を越えた長安の北西にあった街。
    古来長安から西に旅立つ者をここから見送るとされた。渭水は水源を甘粛省:渭源県に持つから、船で旅立つこともあっただろう。
  • 「安西」 正確には〝安西都護府〟。 陽関から北西に進み、新疆ウイグル自治区・トルファンの手前の城郭都市・高昌におかれた軍事拠点


そもそも唐詩――というか漢詩は、もとは曲がついて歌われた。


▼続きを読む
  1. 2008/12/16(火) 18:33:29|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

鳴沙余韻 : ラクダにのってはるばると



information
modelCanon AE-1P
Lenses New FD 35-70mm F4
New FD 50mm F1.2
New FD 300mm F5.6
New FD 28mm F2.8
FilmFuji ASA100 : Nega


敦煌のエントリに興味を持ってくれた人がけっこういる。
そんなたいしたことは書いた憶えはなく、「これだけは忘れられない!」という部分を中心に、おぼろげな記憶を当時のアルバムと旅券をたよりにたどったものだから、冷や汗ものだ。

でも今と違って当時の旅行はそこに書いたようなことは当たり前のことだった。

「どれどれ」と思って読みかえしてみると、鳴沙山が遠景だけで、たどり着いた時の写真と記述がどこにもないことに気づく。
「そうそう、これはこれで1つのテーマだよ」と思って、別エントリーを考えていたのに、いつものようにコロリと忘れていた。

フィルムのスキャンが大変なので億劫がっていたのが根本の原因としてあるわけだが。



夜八時をまわり、夕食もすんで鳴沙山・月牙泉にむかう。
中国は東の首都部にあわせた統一時刻を採用しているため、西は夜でもまだ日が落ちないのだ。


▼続きを読む
  1. 2008/12/12(金) 20:11:47|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠い記憶 #001


【 Romantische Straße : Deutschland 】


information
modelSony DSC-R1
SoftwareImage Data Converter SR Ver.3.0
exposure1/200
aperture2.8
ExposureBiasValue 0.7
isoEquiv 160
MeteringModeEvaluative
focalLength21





  1. 2008/12/10(水) 17:30:42|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Green World



information
modelCANON EOS 30D
SoftwareDPP 3.2
exposure1/10
aperture5.6
ExposureBiasValue -0.7
isoEquiv 100
MeteringModeEvaluative
LenseEF-S 17-55mm F2.8 IS USM


映画はあまり見ない方だけれど、チャン・イーモウ、トニー・チン・シウトン監督 金城武、アンディ・ラウ、 チャン・ツィイー出演 『 Lovers 』 はお気に入りの一つだ。

挿入歌の李延年「楽府」のアレンジもよかった。(いわゆる「傾城」《けいせい》の出典)
チャン・ツィイーの人物設定がこの漢詩とあっていたし、ストーリーも二転三転の仕掛けを用意していて飽きさせない。

竹林――というよりは竹の森でのアクションシーンは音もなく命がさらわれることを象徴していて実に美しく、ラストの死闘では、紅葉を背にした草原の中、雪が積もって銀世界となる不思議な光景。
これをカメラをひいてパノラマで映し出されると、筋とは関係ないがそれだけでも見とれてしまう。

同じくチャン・ツィイーがヒロインを演じていた 『 グリーン・デスティニー 』 のアクション・シーンを彷彿とさせるので 『 英雄 ― HERO ― 』 などとともに一連のシリーズと思っていたが、『 グリーン~ 』 はあらためて調べると監督は別人ということを知る。

この竹林を見ていて映画を思い出した。

李延年 「楽 府」 (漢代)
北方有佳人
絶世而独立
一顧傾人城
再顧傾人国
寧不知傾城与傾国  
佳人難再得
北方に佳人有り
絶世にして独り立つ
一顧すれば人の城を傾け
再顧すれば人の国を傾く
寧(いずくん)ぞ傾城と傾国とを知らざらんや
佳人は再び得難し

♪ 北に佳人あり 比類なき絶世の美女なり
   ひと目見れば 城を傾け ふた目見れば 国を傾ける
   城を失い 国を滅ぼしたとしても 手に入れたい女  ♪



ブログパーツ
  1. 2008/12/08(月) 19:40:31|
  2. FOTOGRAFIE: die Vorstellung
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走の影


【東北自動車道のPA】


information
modelRicoh GX200
SoftwareAdobe Camera Raw 3.7
exposure1/1600
aperture2.4
ExposureBiasValue -0.3
isoEquiv 64
MeteringModeCenter-Weighted
focalLength6.4


とうとう師走に入ってしまった。
とはいえ今日も暖かい。


  1. 2008/12/01(月) 20:08:39|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。