Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

J.S.Bach : 『ヨハネ受難曲』 BWV 245 を探して


バッハ:ヨハネ受難曲バッハ:ヨハネ受難曲
(1991/10/25)
カール・リヒター(指揮) テッパー(ヘルタ) リアー(イブリン) ミュンヘン・バッハ管弦楽団・合唱団

仁屋番頭のレファレンス。
でも今回はピリオド演奏の話。
この録音については永遠の未評価としておきたいのです。


商品詳細を見る


J.S.バッハの受難曲は『故人略伝』によれば合計で 5 曲が作曲されたといわれ、そのうち 2 曲、『マタイ受難曲』『ヨハネ受難曲』のみが現存している。

失われた曲のうち『マルコ受難曲』 BWV 247 は哀悼カンタータ 『侯妃よ、さらに一条の光を』 BWV 198 と「ミサ曲 ト短調」 BWV 235 の合糅パロディであることが分かっているので、そう思ってこれら 2 曲を聴くと、「マルコ受難曲」のおおよそが……なんてことはなく、これはこれでとてつもなく完成度の高い美しい名曲で、痺れてしまう。

「ヨハネ受難曲」は、一昔前は人類の文化遺産ともいうべき名曲「マタイ受難曲」の陰に、一歩遠慮がちに取り沙汰されるのが普通だった。一方で熱烈なファンが多かったのも事実で、かくいう仁屋番頭も、冒頭合唱を「合唱曲はかくあるべし。これがクラシック」だ、なんて偉そうにいってたりした時分もあった。

それでも
なんでマタイがあるのにヨハネを持ち出すの? マタイのほうが名作、というのは世の評価で立証されているじゃない
な~んていわれると、合理的説明もできず、だまるしかなかった。

近年はバッハ自身が 4 度にわたって改訂していたことも広く知られるようになった。
その理由の 1 つとして、歌詞の中に妥当ではない部分があったらしく、市議会による圧力があったようだ。「さんざん演奏してきたのに何を今更……」といいながら、バッハはこのときは演奏中止。その後になお手を加え続け、晩年になり上演し、生前中の演奏回数は 4 回に上る。
このことからもこの曲はバッハが手塩にかけており、いかに魅力的であるか……と語ることができる。

演奏はもちろん、カール・リヒター指揮、ミュンヘンバッハ管弦楽団 / ミュンヘンバッハ合唱団のものが歴史的名盤であり、仁屋番頭にとってのかけがえのない盤。

バイエルン州のドイツ人たちにいうと、田舎の人たちは「馬鹿野郎!ここはワーグナーの本拠地だ」と一蹴される。これをミュンヘンでいうと、「ここはリヒターの本拠地だ」と歓迎される。この雲泥の差は何? という感じ。

さて、いくら名演とはいえさすがにピリオド演奏全盛の時代、いささか古びてきた。それと、それはさておいて、新しいものも聞きたいのである。


ヘレヴェッヘ指揮:コレギウム・ヴォカーレ
Philippe Herreweghe : Collegium Vocale Gent



バッハ:ヨハネ受難曲バッハ:ヨハネ受難曲
(2002/03/27)
ヘレヴェッヘ(フィリップ)コレギウム・ヴォカーレ

★★★★★

顔ともいうべき冒頭合唱部が別のコラールになって聴けないものの、演奏は素晴らしい。旧録音の再発売を望んでいたが、現在この再録音も入手しにくくなっているようだ。新録音が……なんてことは今更ないだろうな。

商品詳細を見る


フィリップ・ヘレヴェッヘが、マタイの 2 度目の録音にのぞんだとき、初録は、残響音が長い教会でそれ用に録音したが、経験を積み重ねていくうち、プロテスタント音楽の空間がもっと乾いた響きで演奏されるべきことが分かって再録した、と明らかにしている。この再録の演奏は素晴らしいものだった。

そこでヨハネも、ヘレヴェッヘに期待した。

スポンサーサイト

▼続きを読む
  1. 2009/10/09(金) 18:48:46|
  2. die Musik
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の街にガォン



information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6


たまには吠えたいときがある


  1. 2009/10/08(木) 21:15:58|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。