Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤い街 : Heidelberg am Neckar

【ハイデルベルク・旧市街】 ネッカー川とアルテ・ブリュッケ(カール=テオドール橋)

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareCamera Raw 5.5




ブログパーツ
スポンサーサイト

  1. 2009/11/28(土) 20:31:15|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハプスブルク展

【ウィーンの森:マイヤーリンク】の「狩猟の館」
エリーザベトの長子、ルドルフ皇太子がマリア・ヴェッツェラ男爵令嬢と心中したところ。映画「うたかたの恋」でも知られている
左の団体、いつまでも一向に動いてくれなかった。

information
modelNikon F100
LenseAF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G
FilmRVP 100
MeteringModeEvaluative


今日は休みをもらって展覧会めぐり。
それと、注文しておいた仕事用品の受け取りに回る。

午前中は上野へ「聖地チベット―ポタラ宮と天空の至宝―」へ行き、次に六本木の東京ミッドタウンで昼食をとり、国立新美術館「THE ハプスブルク(ハプスブルク展) 」を見る予定にしていた。

結局午後1:01には美術館巡りの使命は全て完了した。昼ご飯は「一人メキシカン」だった。あぁ寂しい。

お馴染みの国立新美術館

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE
SoftwareDPP 3.6 以下同じ




▼続きを読む
  1. 2009/11/25(水) 20:30:06|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツを旅して IV : 始まり

ドイツ行きの仕事は結構骨が折れ、そろそろ寄る年並みになってきたから、他の人に譲って仁屋番頭は引退した……はずだった。

でも昨年中頃、先方から「新しい連中だけでは仕事が足りないから、内緒でチョコっと来てくれ」と声がかかった。

【ハイデルベルク城・シュトュックガルテン Schloss Heidelberg】
information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6


そう誘われると単純に”こよなくドイツを愛する”仁屋番頭、すぐに乗ってしまう……この性格を直さなくちゃ。

技術面を請け負ってくれていた相棒に相談すると、「契うものなら自分だって何度でも行きたい」と同意見。それで電車に乗って……と思いきや、
もうそんなに若くない。電車に乗って荷物を持ってというのは無理
ということで車を考え、予算の都合でレンタカーになったという次第。今までドイツの交通事情を見てきて、これならいける!と思っていたこともある。

また仕事場に着く前1日だけを観光をすることにした。
かねがねローテンブルクに行って見たかったのである。

ローテンブルク行きは何度か計画し、現地のドイツ人スタッフから、
ここからローテンブルクは遠いよ
と言われて、何度もボツになった場所である。

フランクフルトで降りれば中間にハイデルベルクもあるから、ここによってローテンブルクへ……1日ではちょっと無理かなと感じる。

いつもドイツ行きのことでは相談相手になってくれる、元大手旅行会社創設時メンバーのKさんを尋ねることにした。「充分、大丈夫だよ」と答えてくれた。

Kさんは今、定年後の第二の人生として、海外ブライダルの仕事をされている。かねてから「一度、私があなた方を案内したい」ともいってくれている人である。

ちょうど私たちが訪れるときもハイデルベルク城で挙式の仕事をされているという。1~2日ずらしてくれたら、自分が案内すると申し出てくれたが、こちらも前後に仕事を控えていて変更はできないので、今回は遠慮することになった。

お気持ちに感謝。


ブログパーツ
  1. 2009/11/20(金) 18:40:06|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツを旅して III : レンタカーで移動する(2)

アウトバーンで車を走らせる……こんなことは今日の今日まで夢想だにしなかったことである。

アウトバーンの渋滞に出くわす。6号線(A6)のあたりだと思う。
UBA 氏に助手席から撮影してもらう。

information
modelRicoh GX200

ドイツは右側通行左ハンドル
頭で分かっててもそれがどういう事なのか、現実では戸惑うに違いない。

とりあえず渡欧する直前の休みの日には、絵を描いて右折と左折の場合、対向車との位置関係がどうなるのかイメージトレーニング。
なんとなくだが分かったような気がする。

交通標識は日本のように、「私の車が取れる挙動」を必ずしも記してあるのではない。「相手がどういう挙動を取れるのか」という発想なのか、何度勉強しても記憶できない。
結局「何でもかんでも相手が優先」ということにして、標識をおぼえるのは断念した。実際現地では標識をそれほど細かく見ていた記憶はない。


▼続きを読む
  1. 2009/11/19(木) 17:35:27|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツを旅して II : レンタカーで移動する(1)

【今日の出来事】 渡欧からの帰国後、初めて日本で車を運転する。
あちらの癖で反対車線に入ってしまわぬかと、ドキドキである。まぁ、そんなこともなかったので案ずるより産むが易しである。


さて話はさかのぼってドイツでの話に戻る。前回からの続き……。

夜のハイデルベルク Heidelberg :トラム

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6


レンタカーがあるので市内観光も自分たちで移動して…
と考えるのが普通である。

街から街へ、都市から都市への移動はいい。またそうして移動した先が新市街であっても問題はないだろう。

でも私たちは大抵、旧市街に用がある、そこは大概ブルク/ベルクと呼ばれた城塞都市の名残である。
ひとまず宿にはいるために立ち入るが、昔の道を利用してそのまま車道にしているために、蛇のように蛇行しているその道がどのように続いているのか、私たちにはにわかには判断できない。

しかも想定外だったのは、お馴染みのトラムの軌道である。

車道に、単純にトラムの軌道が混在しているところは、運転に支障はない。
これがグリーンベルトで区分けされている場合、通常の道では行く車と反対車線の2車道のほか、間に行き来するためのトラムの軌道が2車線が加わり、この時点で結構難儀した。

これが数系統のトラムが複雑に走る交差点になると、グリーンベルトが何重にも設置されていて、もはやどれが車道か分からない。

夜のハイデルベルク Heidelberg :交差点で

・ 交差点で信号待ちをしている間に、ほかの車がどこを走っているか確認する。
・ 自分たちの車の前に、車がいたら、その車についていく
と、このパターンにあやかれる場合は助かる。

しばしば信号に引っかかり
・ 自分たちの車両が先頭車両で、あたりに車は走っておらず……
……その上自分たちの車の後ろに後続車両が控えている
という場面が多く、二進も三進もいかなくなる。

ハイデルベルクの街に入城したときがそうだった。

左折をしなければいけないのだが(日本の右折に相当する)、
1. 停車中に左折した先の道を必死に探す。道路の中央部が高くなっているので向こう側が見えにくい。
2. 「グリーンベルトがあるからその向こう側に入ればよい」と判断する。
そこで信号が変わり車を発進、予定した車道に入ろうとすると、その向こうにさらにグリーンベルトが見えておかしいことに気づく。

とっさにトラムの軌道と分かり、ここに入って電車が来ようものなら逃げ場がないので、半分車の頭が入っているが脱出を試みる。後ろからは後続車が続いている――という状況に最初のころは陥る。

道中はみんなで「あっちが車道だ、イヤこっちが軌道だ」と楽しい論議が盛んであった。

そんな訳で、車を自分たちで繰り出すのは、街から街への移動だけにして、市内を見て回るのは公共交通機関を利用した方がいいという話になった。

ホテルのフロントで何番のトラム・バスに乗ればいいか尋ねても、
このホテルからはみな歩いていっているし、旧市街の名所に直接行くトラムもバスもないし……
と言われた。ローテンブルクもそうだが、ハイデルベルクの旧市街も歩いて回ってそれほど苦にならない広さの街なのである。

ちなみに街の住人は自転車を利用するようである。そのための専用車道が歩道に色分けされて、ここをうっかり歩いてしばしば注意された。

日中



ブログパーツ
  1. 2009/11/18(水) 18:31:15|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツを旅して I : レンタカーを借りる・返す


アレスゼーレ(万霊節)の季節。
ちょっと前までは見なかったパンプキン君がお目見えするようになった。 【ローテンブルク】

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6



Okt. 2009 レンタカーの旅

目次
1. レンタカーを借りる
2. レンタカーを借りる II
3. 車が出せない
4. ということで出発
5. 予定は変更するもの
6. レンタカーの返却
7. オマケ

「ドイツを旅して」と題したが、今回は特に仕事オンリーであって、ほとんど観光はしていない。

しかしながら仕事一辺倒というのもお気楽な性格の仁屋番頭に合わないので、旅行社を通さず、レンタカーを借りて移動し、途中1日だけ日にちをもらい、観光することにした。自分で運転しているから、いつも以上に旅をしている気分なのだ。

旅行社を通していない……というのも正確にはウソになる。

当初そのつもりで予定したが、仕事の荷物も載せるとやや大きめの車が必要になり、レンタカー代が思ったより高いので、「私が相棒と泊まり込みで仕事している間、観光していてもいいよ」という条件で折半してくれ、ついでで交替運転手をしてくれる人を募集した。

そんな経緯があり、「やっぱり旅行社にサポートしてもらわないとこの人たち危ないね」という面々が集まった。いつもわがままをきいてもらう H.I.S. の団体・法人営業課 さんにきくと、航空機のチケットと宿の手配をいくつかまかせるという条件で彼らのサポートを快諾してくれた。いつもワガママばかりですんません。

でも「自分の手配分は、自分で処理して下さい」とは旅行社のいつも担当してくれる方のお言葉。
渡欧するまでに、色々な書類やらバウチャーやら手間がかかる。これも楽しみの一つでもある。

私と相棒、この2名が仕事。ほか4人が観光。うち運転手をしてくれるのが私のほか、2人。

ついでで揃った人数で、車の手配をお願いした方が楽かと思ったが、これは手が出ないお値段になったので、尋ねただけで終わってしまった。

という訳で、今回のテーマは「自己責任でドイツを尋ねる」……となる。



1. レンタカーを借りる 【インターネットで予約】

インターネットで Hertz (ハーツ・レンタカー)というところに申し込んだ。

最初は2人の予定で小さなワゴンだったのだが、折半要員・運転手を募集していると1人増え、2人増え……その間インターネットで度重なる予約変更、バンとなりボックスカーに変えたり、最終的に国際免許上、普通免許上限の運転席を含めて9名の座席があり、3.5 トン以下の乗用車という、規約上限の車に変更した。欧州でオートマチック車は、セダン車クラス以外ないとのことなので、ミッション車である。

面白いのが、そのとき画面に出る見積額。

車種変更で値段が変わるのは理解できるが、車種変更しないで、「到着便の時刻」と追加情報を入力しても、その日によってレンタル代が更新される。予約が早いほど安く……という訳でもなさそうな変動ぶりだ。

これらはあくまでも目安に過ぎず、現地に着くと更めて計算されるので、どこまでお得なのかも分からない。
予約時の基本料金くらいは反映されているのだろうか?

たまたま仕事先の先方の都合が、秋の終わり、現地では冬の初め。

四季を通じて何回かうかがったが、私が一番お気に入りの時期である。
季節的にはもう冬で、寒く、雪の降る日、荒れる日も多いが、晴れの日に当たると黄葉がとても綺麗にはえるし、山の幻想的な情景も格別なのだ。

自己責任でいく旅というのとお天気(雪)と、一抹の不安もあったが、とにかく季節の楽しみがそんなことも吹き飛ばしてくれ、日本を出発。

| 目次に戻る



2. レンタカーを借りる II 【現地カウンターで手続き】

成田を AM 10:54に飛び立ち、フランクフルト空港に現地時間の PM 2:09に到着。

レンタカー会社の HP 「空港での借り方シミュレーション」にはレンタカー会社までのリムジンバスあり(サンプル・アメリカ)とある。フランクフルト空港にそんなものはなかった。

空港で見つけたハーツの店舗には場所が移ったとの張り紙がしてある。空港案内係に道を尋ね、しばらくして窓口カウンターにたどり着くと、結構混んでいる。大分待たされた。

日本からのバウチャーを見せると、予約を確認後、更めて書類を作り直す。

インターネットでは無条件でドライバー1人の受け付けなので、それを3人に変更してもらわなくてはならない――このことは日本で前もって電話で尋ねてある。「インターネットではドライバーの数までは申し込めないようになっているので、現地で借りるとき直接言って下さい」とのことであった。

フランクフルト空港にて
information
model 以下 Ricoh GX200


私たちが当たった担当者は、白髪まじりの貫禄がある男性で、ときどき若い人たちに指示を出しているので、この中ではお偉いさんだと思う。


▼続きを読む
  1. 2009/11/07(土) 23:15:16|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。