Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤い街 : Heidelberg am Neckar その 4

いろいろな団体が、後から怒濤の勢いでやってきては、あっという間に通り過ぎてゆく。
ヒエ~、私たちも普段あんな感じなのかしらね
とみなで目を丸くする。

数回にわたる渡欧経験の蓄積から、旅の要領も分かってきて「その土地で思い思いの時間を過ごす」というポリシーがようやく実現しつつある。「贅沢な旅行だね」と参加者からいってもらえたのがその証だろう。

街から城を見上げる:マルクト広場と聖母マリア像

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6


アルト=ハイデルベルク
栄光あるわが麗しの町よ
ネッカーのほとり
ラインのほとりに
くらべるものとてなし
心楽しき仲間の集う町
知恵にあふれ
美酒にあふる
マイヤー=フェルスター『アルト=ハイデルベルク』
丸山匠さん訳 岩波文庫 赤 427-1

現在とはまた趣が違うような気がするが、料理は美味しかった。
グローバル・スタンダードな味がする。

お城から降りてきて、少しだけ市内観光。マルクト広場周辺とアルテ=ブリュッケが、本日の予定で計画していたところだ。

スポンサーサイト

▼続きを読む
  1. 2010/01/24(日) 21:02:15|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤い城 : Schloss Heidelberg

ハイデルベルク城はプファルツ選帝候の城だった
ここには西欧で一番古い大学:ハイデルベルク大学があり、ルターが信仰告白をした地でもあり、ゲーテも 8 度この地を訪れ、こよなく愛したとされる。

城門塔とループレヒト館


図書館棟と王の広間あたり

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6


第二次世界大戦で連合軍は、ベルリンやナチス党の党本部があったニュルンベルクの街といわず大都市の多くを爆撃し、戦争を終焉させた。

戦後処理に、米軍や連合国は、高位の司令所を、主だった都市に陣営できない状態であり、そこで選ばれたのが、ここハイデルベルクである。都市では数少ない戦禍を免れた場所だったこともあるが、ドイツ人の理性を象徴する場所だったからともいわれる。


▼続きを読む
  1. 2010/01/12(火) 21:20:43|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤い街 : Heidelberg am Neckar その 3

プファルツ選帝候は、フランスの進軍に城を捨てて去っていった
赤い壁だけが、主の帰りを待っていた

ハイデルベルク城

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareCamera Raw 5.5



ネッカー川対岸(右上に「蛇の道」が見える)

マイヤー=フェルスターの戯曲『アルト・ハイデルベルク』で皇太子カール・ハインリヒは、ネッカー川畔、城の対岸に位置するリューダー館を宿に借りる。どこら辺だろうか……


2 日目(Someday, October 2009)
AM.8:15出発
AM.8:25ハイデルベルク城見学
(「赤い城 : Schloss Heidelberg」)
~市内散策
赤い街 : Heidelberg am Neckar その 4
AM.10:30ハイデルベルクを出発――ローテンブルクへ




▼続きを読む
  1. 2010/01/06(水) 17:54:25|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤い街 : Heidelberg am Neckar その 2

初日(Someday, October 2009)
PM.2:09フランクフルト空港到着
PM.3:40フランクフルト空港発――ハイデルベルクへ
PM.6:40クラウンプラザ・ホテル着(駐車場で悪戦苦闘)
PM.7:00チェック・イン
PM.7:30市街散策



フランクフルト空港 現地時間 14:09 到着。
すでに話をしたように、レンタカーを借りたりガレージを出るのに手間取り、空港を出発したのが 15:40 を過ぎた頃。ハイデルベルクの宿に入ったのは 18:40 だった。

ホテル クラウン・プラザ : プラハに引き続き、この系統に泊まることになった。

▲ information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6 & Camera Raw 5.5
information ▼
modelRicoh GX200


なかなかよい感じ。



▼続きを読む
  1. 2010/01/04(月) 18:32:57|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Marien Platz / München

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6


たちどまりふり返りながら、さまざまな門をくぐり抜ける
見知らぬ世界が、私たちを待っている


ブログパーツ
  1. 2010/01/02(土) 12:54:02|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。