Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

城壁の街 : Rothenburg ob der Tauber その 3

リーメンシュナイダー Tilman Riemenschneider

城壁から見た聖ヤーコプ教会

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6



仁屋番頭は、いつもいうように、欧州はほとんどドイツしか行ったことがない。
しかも南ドイツだけである。

そこで憶えたことは、「バイエルン」「ルートヴィヒ II 世」「ポテトとビールは南ドイツの特色である」ということくらいである。そのほかにもうひとつふたつあげるとすると、「ロマンティック街道」と「リーメンシュナイダー」ということになるのかもしれない。

トーマス・マンがリーメンシュナイダーの名前をあげているので、そこそこ有名だが、仁屋番頭はこれまで 1 度たりとも彼の作品にお目にかかったことがない。

そこで今回、聖(ザンクト)ヤーコプ教会の祭壇くらいは見ておきたいのである。

聖ヤーコプ教会内陣正面


スポンサーサイト

▼続きを読む
  1. 2010/02/24(水) 18:57:58|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城壁の街 : Rothenburg ob der Tauber その 2

2 日目(Someday, October 2009)
PM. 1:30ローテンブルクの城壁にあがり、「武者走り」巡り
PM. 1:50クリンゲン門を降りてすぐのところで昼食
PM. 3:00ローテンブルク市街散策
PM. 5:00ローテンブルク出発。途中までアウトバーンを走り、ロマンティック街道に入りひたすら南下
PM. 6:20ネルトリンゲン着



城壁から見た街の様子

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6



城壁巡り

当初はクリンゲン門からガルゲン門まで城壁の「武者走り」を散歩するつもりだったが、こなしたい予定はまだたくさんありあとに響くのもなんだし、手っ取り早く、すぐ上れるプルファー塔からクリンゲン門までにした。城壁にはあちこちに昇降口がある。

質素な階段が魅力的


▼続きを読む
  1. 2010/02/16(火) 12:57:30|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城壁の街 : Rothenburg ob der Tauber その1

北辺の城壁:プルファー塔付近

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6


ローテンブルク・オプ・デア・タウバーは、バイエルン州ミッテルフランケンのアンスバッハ郡のタウバー川沿いにある。(アンスバッハといえばカール・リヒターが「バッハ週間」で演奏を重ねたところも同じ名前ですね。ここのことかな?)

リング城に形作られる欧州の中世城壁都市の面影を今日に伝えている――といっても、昔から増改築をくり返し、戦後再建された部分もある。その結果、今は天狗の顔を横から見たような恰好をしている。

折り目が出てしまって見にくいのはご容赦

上の中世を模した地図は日本で購入し、現地で使用したもの。(城壁内の情報は現在のものになっている)左上が北にとられている。

少し以前に旅行情報誌で、「添乗員さんが再び訪れたい場所」というテーマで No.1 にもなっていた。番頭もかねてから訪れてみたい場所だった。

でも番頭が仕事で訪問する訪問先の人たちは
ここからローテンブルクは遠いよ……
とお勧めではないらしい。そしてそのとおり、なかなか滞在中の企画に組み込みにくい場所である。そんなわけで指を加えているしかなかった。

今回は車も自分たちで手配/運転だし、ここだけ目的地にして観光をさっと済ませればいいだけの渡欧。これをはずしては二度と行く機会はないだろう。ということで同行者には有無を言わさず、これだけは私の勝手にさせてもらう約束になっていた。

街の歴史は、タウバー川の渓谷沿いにある小さな村デトヴァンク Detwang に、 10 世紀、小さな教会が建てられたことに始まる。この教会を建てたコンブルクの騎士が(コンブルク Comburg は地名、名前はライニガーというらしい)、後に貴族として(コンブルク=ローテンブルク伯)領有していたこの地に移ると、その見はらしのよい高台に城塞を築いたらしい。

茜色に染まりゆく街。高台にある様子が分かるだろうか。やがて闇に消えてゆく

1108年にコンブルク=ローテンブルク家が断絶するといろいろとあり(略)、1142 年、神聖ローマ帝国ハインリヒ 5 世は、シュタウフェン家のコンラートに与えた。コンラートは、高台に新しい城を築いていった。今日見る城壁都市としてのローテンブルクはこのように始まった。

やがてコンラートが神聖ローマ帝国皇帝に選出され(コンラート 3 世と名のる。結局皇帝として戴冠されず、ドイツ王として終わったらしいが)、1152 年、彼が崩御すると子息のフリードリヒが後を継いだ。彼が幼かったため、コンラートは甥のフリードリヒ 1 世を後見人にたてていた。このフリードリヒ 1 世が有名なバルバロッサ(赤ひげ)である。

ところが 1356 年の地震により崩壊。
市民が壊れた城を資材に持ち去りほとんど何も残らなかったという。(ハイデルベルク城もそうだというから、市民パワーって凄い)
天狗の鼻の部分にあたるブルク公園のブルク門、もしくはブラジウス・カペレ(Blajius Kapelle 礼拝堂)は残された。それがシュタウフェン朝の面影を唯一とどめる遺構だそうだ。(ここら辺は資料によってまちまち)

名前の由来も、もとは赤色系(rot)の石材で造られていたためともいわれる。まぁ、これにも諸説がある。

日本で購入したもうひとつの地図――ドイツ製で現在の情報が載っている普通のものだが、周辺に何ヶ所か駐車場の表示がある。北辺の奥の駐車場に入れたい。
アウトバーンを降りて西へ走らせた車が、いよいよ城壁にぶつかると、右折して北辺を目指す。城壁沿いに走りながら様子をうかがう。

日本の駐車場のように有料かと思うとそうではない。無料であり、地図よりももっとラフに広がっている。

駐車場の様子

季節柄だろう、とにかくすいている。
荷物も載せたままなので(ヨイ子は真似しちゃダメ)、盗難にあわないようななるべく死角のないところに車を停めた。


ブログパーツ
  1. 2010/02/13(土) 18:46:53|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツを旅して V : 街から街へ

10:30 にハイデルベルクを出ることになった。

ホテルには、
お昼頃まで市内散策をするからトランクを預かっておいてくれ
とお願いし、チェックアウトをして宿を出た。

どこの宿――安宿でもそうなのだが、いやな顔ひとつせず、快諾してくれる。
場合によっては、「お昼過ぎからベッドメイキングが入るから、それまで部屋を使っていていいよ」というところもあった。

駐車場は、基本的に入った時間から 24 時間、使用が OK だ。

ハイデルベルク観光がお昼までかかると思っていたが、みな
もう充分堪能した。これからローテンブルクまで走って、さらに今夜の宿は長距離走って 夜遅く到着だから、早めに移動しよう
という。

クラウンプラザ・ホテルに戻って、車に乗り込み出発。

ただいま番頭が運転中。6 号線あたり
information
modelRicoh GX200



思ったより早く出発できたのでローテンブルクをゆっくり見て、計画のタウバー渓谷散策まで実行できそう……と喜んでいたのも束の間、すでに述べたようにアウトバーンの渋滞に捕まってしまった。

こんな訳で結局ローテンブルクに到着したのは PM. 1:20 と、お昼までハイデルベルクにいた場合の計画とほとんど変わりなくなってしまった。

この間、サービスエリアでトイレ休憩をしたかったのであるが、この路程の SA にはトイレのあるところがあまりなかった。結局見つけたのはローテンブルクも近い 7 号線あたりになってからだった。普通は
ここは駐車場にトイレだけがあり無料だった。めずらしい。

2 日目(Someday, October 2009)
AM.10:30ハイデルベルクを出発――ローテンブルクへ
――PM.12:00頃までアウトバーン渋滞。完全にストップしたり、あとは断続渋滞
PM. 1:20ローテンブルク着。城壁に上がって散策してから入城


売り物ではありませんが、お陰様で先日掲載したフォトブックが好評で、何部か増刷しました。


  1. 2010/02/11(木) 14:05:48|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。