Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

街の灯りが恋しいときもあった

【銀座】並木通り

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseCarl Zeiss Jena DDR auto MC FLEKTOGON 2.4/35
SoftwareDPP 3.9


イルミネーション
ありきたりだけれど、こんな感じに写る。

タイトルは独り言です。

ブログパーツ
スポンサーサイト

  1. 2010/11/30(火) 21:47:20|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰宅路


information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseCarl Zeiss Jena DDR auto MC FLEKTOGON 2.4/35
SoftwareDPP 3.9
PictureStyleHitoya Standard


仕事帰りに、銀座のレモン社と三共カメラ、エトセトラに寄って、ラッパ型フードはないかと見たが、やはりない。
Flektogon がよく写るので、パンコラ 50 mm も欲しくなったが、生憎置いていない。

M42 はもう余り入らなくて……
とは各お店談。

ネット上にもよくなさそうなものでよければ転がっているし、来月あたりには程度の好さそうなものが見つかるだろうと楽観視。

レモン社はときどき訪れ、この間から感じていること。
建物に入った瞬間、息苦しい。

原因は分かっていて、ドイツでカトリック教会に行くと、「異教徒」と言われてたびたび迫害されているのが、おそらくトラウマになっているからだ。

悪魔の気持ちがよく分かる。 (^_^;)

ブログパーツ
  1. 2010/11/29(月) 19:57:07|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Carl Zeiss Jena DDR auto MC FLEKTOGON 2.4/35mm : EOS日記


information
model  Sony DSC-R1


京都:宮津市 文珠堂。なぜか大吉・中吉が吊されている?

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseCarl Zeiss Jena DDR Auto MC FLEKTOGON 2.4/35
SoftwareDPP 3.9


日常カメラを持ち歩くための手軽なスナップレンズが欲しい。
画角は当然 35mm 程度で……。

今度コシナから出るディスタゴン Distagon f1.4 は価格も高額、オーバースペックで気軽に持ち歩けそうにない。またこのシリーズの写りに十分納得しているわけではない。

デジタル時代を迎える以前の発売にかかわらず魅力的な Canon の f1.4L も、気楽に持ち出すレンズではなさそう。そろそろ新型がアナウンスされてもおかしくないし……。

と思っている矢先、CZJ(カール・ツァイス・イエナ/イェーナ) のフレクトゴン Flektogon のことをフと思い出した。
マウントアダプタを介してのオールドレンズは結構面倒くさいので、触手がわかなくなり泥沼に入り込まないようにしているうちに記憶の外へ。

ネットを見るとすでにこの種のブームは去ったのか品数も少なく、良品といえるものは皆無で、ちょっとこれは……という無残なものが ¥30,000~40,000 超の高値で取引されている。以前は 2 万前後だったと記憶している。

そうこう感慨に浸っているうちに Yahoo オークションで比較的好さそうな物が 2 万円少しで出されているのにヒット。出品者も信用できそうだ。

e-bay には良品と思えるものがごろごろしているが、海外のオークションはさすがに手を出す勇気がない。そこで yahoo の即決価格で落札。

35mm のレンズが……と思いめぐらしてから 1 時間足らずで問題解決。

届いてみればピントリングの動きもスムーズで、絞り羽根も問題なさそう。レンズ内にゴミが目視できるということだったが、レンズ表面のように見えるのでシュポしたら吹き飛んだ。外観も出品者参考写真よりも目立たず、いい獲物だった。


マウントアダプタ


今回は OEM で各社の製品を製作しているという宮本製作所のもの(ブランド名:RAYQUAL)を注文した。

アダプタを介しての他社レンズやオールドレンズを以前に使ってみたが、特にニコンのレンズは最近のレンズにもかかわらず、デジタルレンズではなかったせいか、ウェブに掲載する程度でも満足のいく写りは提供されなかった。

それ以上深みにはまるまでもなく興味が薄れたが、今回は常用できる写りをする。
レンズがよいのか、前回の近代インターナショナルの製品の精度がでなかったのか定かではない。

露出の暴れはしょうがないけれど、なかなかいい具合。


レンズフード

左が Pentax 社製ドーム型レンズ。キャップは別売り。しかも在庫不足で入手困難。右が UN (ユーエヌ)社製 UNX-5285。まったくと言っていいほど同じである。
フードばかりたくさん揃ってしまった

オールドレンズなので逆光などには極端に弱く、逆光でなくてもフード無しではコントラストの低い眠い描写になるという。そこでペンタックスのドーム型フードがあうというから購入したが 5D II のようなフルサイズ機ではケラレることが判明。

左の書籍紹介で『オールドレンズ パラダイス EOS DIGITALとマウントアダプタで遊ぶ』なる書籍を紹介したが、実は仁屋番頭自身購入していない。(^_^;)
本屋に立ち読みに行くがどこでももう取り扱っていないというので、ネットで取り寄せると、そのことは書かれていた。


▼続きを読む
  1. 2010/11/26(金) 18:32:38|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理想の手帳

【丸の内】
information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseCarl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
SoftwareDPP 3.9


おそらくこれは私達が知らない動物か、それとも彼らが礼拝する神ではないかと思われます。彼らの日常の行動は、この機械が指示しています。――時計を見た小人のセリフ
『ガリバー旅行記』

例年のことだが、この時期になると来年度使用する手帳を物色する。

それで今年も本日購入してきた。
仁屋商店も、お上から手帳の支給はあるが、使いにくいので毎年これはお蔵入りにする。

さて、丸善の事務用品売り場:手帳コーナーにいくと、大勢の人で賑わっている。

仁屋がこれぞと思う製品はないので、毎年この辺のものをという「型番」をしっかり控えてある。それを基準に、ときには新製品も出されているので、見落としがないようにチェックする。

今年は能率手帳の新製品が、今使っている高橋のものよりは理想にやや近いので、そちらを購入にした。

思うに、諸外国でも手帳というのは、こんなに種類が豊富で、こんなに大勢の人でフロアを賑わすものなのか、フト疑問に思った。

結構日本人は、時間や仕事に使われるのが好きな民族なのではないのか――そんなことを思いながらの買い物であった。

ブログパーツ

追記: やっぱり仁屋の使い方に合わなかったので、今年と同じ高橋の手帳に交換しました。
  1. 2010/11/10(水) 16:06:52|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。