Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ReallyRightStuff MH02-LR Pkg : MC-34 Monopod + MH-02 LR


information
modelCanon PowerShot S100


しばらくブログを更新しないうちにアイテムが増えた。
1つはキャノンの PowerShot S100。
これは家族用の IXY が寿命を迎えたので、IXY 410F を新調したところ、ソニー製の裏面照射 CMOS がこなれてきていて、シャッターを無造作に切るだけで、白飛びしない見事な写真がポンポン撮れることに感動。そこで自分用には PowerShot S100 を戦力に加えた。しかしこちらは撮像素子がキヤノン製の異なるものだったせいか、IXY より白飛びしやすく肩すかしを喰った感じ。

今ひとつはモノポッド、最近記録写真を頼まれることが多くなったので必要になった。

そしてよせばいいのに RRS の MC-34 を発注した。
ハッキリ言って、お値段が高めなだけで、「国産の普通のもので充分だった」というのが感想である。現物が見れなかったからしょうがない。


ただ作りの良さは抜群。アルカスイス型のプレートをそのまま載せられて安心感がある。
注文するときは、後からヘッドを MH-02 LR に変更した。カタログ等では MH-01 しか乗っていないが、 MH-02 はクランプを水平方向に回転させることができ、カメラを載せたときの仰角調整に利用できる。その分安定性は低くなることを意味するが、その辺は本人の考え方次第だろう。

この製品は Backordered (在庫切れ)になっていることが多く、どちらかというと受注生産に近いんじゃないかと思うが、必要に迫れて発注したとき間に合うかどうかの瀬戸際。日頃の行いがいいせいか、(^^;) ギリちょんで間に合って嬉しかった。日頃嬉しいことが少なくなってきたせいもある。

ブログパーツ
スポンサーサイト

  1. 2012/06/19(火) 19:08:27|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mr.UBA

Tower of ‘Tokyo Sky-Tree’ illuminated by the Ver.'粋'

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF70-200mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.11


UBA 氏は今秋、ドイツに行くという。
「一緒にどうか」と誘われたが、現在、私の状況では行くことができないし、今回は仕事上、私とリンクするものはない。

彼の計画は、以前のエントリーにも書いたが、
羽田発国際線・夜の便発 → 現地、朝到着 → その日からロスなく一日有効に使う
という過激なものである。

UBA 氏は気づいていないらしい。

そこで教えてあげた。
 あのね、UBA さん。飛行機直行で 12 時間かかるでしょう。途中乗り継ぎだったら、あいだに待ち時間、余裕を見て 3 時間、実際のフライト時間はもう 1 時間くらいはかかる。その前後に空港に行って登乗時間を待つのが、1時間半前後。フライト中仮眠を取るけれど 17 時間以上は起きていることになる。出発の日だって、8時間は位は日中活動しているでしょう。 1 日余り起きていることになるんだよ。
 はじめてあなたと行ったときはロストバゲージがあり、夜中に宿に着くまで機中から 34 時間、起きていたんだよ。
 あなたは若いからそれで何とかなるかも知れないが、そのあとの仕事のことも考えれば、普通に午後到着で行って、宿でゆっくりして、翌日から行動した方が安全だよ。
エッ! なるほど。。。

案の定、彼は気づいていなかった。けれどもヒトの忠告を聞くようなタイプではないし、殺人スケジュールで行くんだろうなぁ、やっぱり。

ブログパーツ

  1. 2012/06/13(水) 09:11:48|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Facebook とブログ : この似て非なるもの

Tower of 'Tokyo Sky-Tree'

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.11


震災から一年以上が経過した。

この間、ご多分に漏れず被災地にも足を運び、回数は少ないけれど、自分にできることを行った。そうこうしているウチに一年が経ってしまった。
ブログもやっている暇もなく、丁度更新も途絶えていたし、もういい歳なので、潮時と考えていた。

この間、連絡を取る手段にもなる Facebook というものをいつの間にか行っていた。実用上のこともあり、こちらを重宝することが、ブログをやめる決意に拍車をかけた。(それほど深刻なことではないが)

ところが Facebook は素性が知られているから、頻繁なアクセスがあり、一々リアクションしなければならないのが、すでに煩わしい。

また現実世界で合って済む話、何気ない日常の挨拶も、スマホ上で社交辞令を述べながらやりとりしているのがもどかしく、私の神経を逆なでする。
始めてからそれほど経っていないが、すでに嫌気がさしている。

そして「私にはこの誰も注目しないブログくらいが、丁度いい」と思うようになった。

何の予兆もなくやめるのも何だし、徐々に収束するつもりで――以前ほど更新せず――もう一年くらい続けてみようと思う。
先のことはその時考えることにする。(笑

ブログパーツ
  1. 2012/06/04(月) 22:43:33|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。