Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

万年筆 :: Pelikan Souverän M800 schildpatt-braun


キャップを閉めたところ

information Pelikan Souverän
収納時約 142 mm
筆記時約 167 mm
胴軸径約 13 mm
重量約 29 g
吸入式・18金ペン先
information Camera
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM & EF70-200mm f/4L IS USM


万年筆を 1 本新調した。
ペリカン スーベレーン M800Pelikan Souverän 800 schildpatt-braun)である。
仁屋番頭は子供の頃、父から書類、手紙類は万年筆で書く姿勢を見せられた。基本は「ブラックインクで、日用はブルーブラックにしておきなさい」ということだった。

理由は説明されなかったが、父たちの世代は公用文書は消えにくい万年筆で、インクは耐光性・耐水性のある顔料系/没食子系のブラックという社会常識だったらしい。今ではもっといい筆記具もありますので、古き良き時代のしきたりでしょう。私が私淑した父より 1 世代上の大学教授も、お手紙を頂くと必ず万年筆だった。この方は僧侶でもあり普段は毛筆で、地方に行くと掛け軸を見かけることも多い。

父が子供の私に説明してくれたのは上記のようなことではなく、ブラックはペン先を詰まらせやすいので、日用は多少インクフローがよく、取り回し易いブルーブラックにするのだ、ということだけだった。あとは取扱方、手入れの仕方、舶来ものはニブが日本語を書くのに向いていないなどのことを聞かされた。

そんな訳で、昔からいくつかの万年筆を使用し、それほど手入れをするわけでもないのでいくつかをダメにし、筆圧も強いので低価格帯のものは論文一本を書き終えないうちにダメにしてしまう。それで中価格帯のものが何本か生き残っている。
スポンサーサイト

▼続きを読む
  1. 2014/01/30(木) 16:24:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。