Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第76回 謙慎書道会展が始まります


第一会場(顧問・会長・理事・名誉会員・特別会員ほか)
東京都美術館  平成26年3月20日~28日
AM.9:30~PM.5:30
第二会場(公募作品・特別賞選考委員の小作品)
池袋サンシャインシティ文化会館  平成26年3月19日~27日
AM.10:00~PM.6:00
篆刻を始めてから1年半が経った。先生から謙慎書道会展に出品しろ! と鶴の一声が下る。昨年の暮れのことである。

この世界にうとい私でも、多少筆を握ったことがあるから、謙慎の名前くらいは知っている。そんなメジャーなところに出せルンかいな……と思いながら、逆らうわけにもいかないのですぐに作品作りにかかって応募した。もちろん「公募」の部である。

すると1週間ほど前に「成績通知在中」という郵便物が届く。中を開けると書道会展の案内やチケット共に「褒状」というところに分類されたらしいことが書いてある。

昨日は教室の日だったので先生に御礼の挨拶をすると、初出品ではなかなかもらえない成績だと言われた。

ネットで調べると謙慎書道会展には「推薦顧問賞」「特選謙慎賞」「秀逸」「褒状」の順で成績があるそうだ。一緒に始めた上手な友人は入選と言っていたので、褒状は参加賞みたいなものと思っているが、入選とは違って成績表には入賞とあるし、書道会展に行ってみないとよく分からないなぁ。

でも張り合いが出て、俄然やる気が起きてきた今日でした。

ブログパーツ
スポンサーサイト

  1. 2014/03/18(火) 21:17:21|
  2. die Kunst
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。