Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

灼熱の大地 :: Cambodia アンコール・ワットへの道 その1


information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 4.33


久しぶりの更新。

年始めにカンボジアに行くことになった。ついででアンコール・ワットを見てきた。

大分見るのに制限が設けられてきたので、近い将来立入制限されるところが設けられるのではないかとのことで仲間内で企画されたらしい。仁屋番頭にも声かかったので便乗することにした。自分で企画立案しないお出かけは、楽で楽しい。どちらも同じ漢字なんだなぁ。

早速質問なのだが、子供の頃松本零士の戦場漫画シリーズか手塚治虫の「三ツ目がとおる」の単行本だと思うのだが、単行本のページの穴埋めに、密林のアンコール・ワットかアンコール・トムを舞台にした読み切りを書き下ろし掲載していたのだった。

さて実際に行くとなると、急に又これが読みたくなる。しかし何というコミックの何巻に載っていたのかもはや覚えているわけもなく、ネットで調べても分からない。誰かご存じないだろうか? ストーリーは

何者かに追われ、東南アジアの密林をジープに乗って逃避行していた主人公一行は、見慣れぬ石工文化に迷い込む。そこでつかの間の休息を得たかのように見えたが一悶着がアリ、慌ててジープに乗り込みアクセルをふかすとその密林の街はもう見えない。夢か幻だったのか……。東南アジアには今でもアンコールウンタラという名前の遺跡が密林に眠っているという話しだ。

という感じだったと思う。回答をお待ちしています。

スポンサーサイト

▼続きを読む
  1. 2016/06/22(水) 19:11:57|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。