Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

ブナの森に思ふ : Erlbach

06_0701_01.jpg

Nikon F100
Manual f3.5 1/25 RVP100
AF-S VR 24-120mm F3.5-5.6G 28mm域付近

ブナの森の葉隠れに……
宴ほがいにぎわしや。松明赤く照らしつつ……
シューマンの歌曲
『流浪の民』冒頭の一節

どこか仄暗い曲調と歌詞のイメージから、鬱蒼とした森を想像する。



06_0701_03.jpg

Nikon F100
RHPIII
AF-S VR 24-120mm F3.5-5.6G
数えるほどだか私が何度か訪れたことがあるのはドイツ西南の国境付近の森
思っていたほどには暗くない。シュヴァルツヴァルトになれば話は違うだろうけれど……

ものの本によれば日本のように下草が生えないから、ドイツの国のブナの森は日本のそれのように陰鬱な暗さはないそうだ。むしろ気候のようにサッパリとしてわりと明るい。

草原には野生の鹿がいる
話しには聞いていたが、実際に出くわしたことはなかった。
写真中央に写っているのがお分かりいただけるだろうか。
朝方のことだった。

06_0701_02.jpg

Nikon F100
P-AE f3.5 +2/3補正 RVP100
AF-S VR 24-120mm F3.5-5.6G 24mm域付近


たとえ明日世界が滅びようとも、今日私はりんごの木を植えよう
とは、ルターのセリフとされている。
ドイツ全土を荒廃させた三十年戦争が起きるのは彼の少し後のことであり、ドイツの森はすべてこの後植林した物だということからすれば、やや話ができすぎている感がしなくもない。

しかしルターの上の言葉は真偽をこえて私の胸を打つ。
私が見てきた森も、おそらく人工的に植林されたものであろう。

明日の命が儚くても、今日為すべきことを為さなければ、次の一日はやってこない。
今目に見えている世界がすべてではなく、私も、私がいるこの一瞬も、私の知らざる縁にはぐくまれ、遠い過去からの積み重ねによって生じたものである。私の行いもまだ見たことのない、遠い、いまだ来たらざる時の人々に関係しているに違いない。

私も生涯、樹を植ゆる人でありたい。


ブログパーツ
関連記事
  1. 2006/07/01(土) 21:02:28|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 懐かしのフォルム : おいしい世代 | ホーム | 色、いろいろ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/122-3c37e5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...