Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

アルトエッティング : Altötting その2

承前
06_0717-11.jpg

Nikon F100
AF-S VR 24-120mm Fujicolor PN400N
Altötting

街のハズレには小川が流れています。こういう風景を見るとドイツ南部ののどかな一田舎町という表現がよく似合います。

そういえば前回行ったときには、ヨーロッパの名物、移動遊園地(サーカス)が来ていました。
何もなかったはずの所に観覧車が見えたり遊園地があるのですから、もうびっくりです。



件のコンスタンツェは、スイスの作曲家マックス・ケラーがアルトエッティングに居を搆えていたので彼をを尋ね、ケラー夫妻とともに撮影をしたそうです。かくいうW.A.モーツァルトも演奏会に向かう途中の1785年2月7日にこの街に宿泊しています。(゜ペ) ウ~ン、アルトエッティング、やっぱりあなどれない土地だったんだな。

中心教会グナーデンカペレに黒マリアは祀られています。

バチが当たると行けないので画像のアップはやめておきます。変わりといってはなんですが、最近建てられたらしい屋外像をUPします。(もとい、黒マリア像の間接写真をUPしました→《ここをクリック》 屋外像はそのまま下に掲載してあります。2007.3月修整)

06_0717-07.jpg

Nikon F100
AF-S VR 24-120mm Kodak GC-400


広場には世界の国旗が飾られています。どういう意味があるのかよく知りません。
06_0717-08.jpg

Nikon F100
AF-S VR 24-120mm Kodak GC-400

朝日が昇るとともに、みるみるうちに朝靄に包まれました。
上の写真とこの写真は同じ時に撮ったものです。
06_0717-13.jpg

Nikon F100
AF-S VR 24-120mm Fujicolor PN400N


祈祷
06_0717-09.jpg

Nikon F100
AF-S VR 24-120mm Fujicolor PN400N

この中心教会の緑色の廡(ひさし)の所は回廊になっており、巡回できるようになっています。病気の方や悩み事のある人は、教会に用意してある身の丈ほどの十字架を背負い、願をかけてひたすらグルグル回ります。お百度詣りです。

これで願がかなうと、回廊にイエス様やマリア様の絵を描いて掛け、奉納します。天井までびっしり絵が敷き詰められています。

秋の大祭の時にはヨーロッパ各地から数千人の信者が集まっていました。この時は、夜、松明を持って回廊ではなく広場に出て、神父さんの音頭に合わせて偈文を唱えながら教会を回っていました。なかなか壮観な光景でした。

06_0717-10.jpg

Nikon F100
AF-S VR 24-120mm Kodak GC-400

教会の中には信者さんが大勢椅子に座ってお祈りしています。
小さな教会で中も狭いので、本尊の黒マリアとさほど距離はありません。ここで手を合わせひたすら祈っています。

様子を見ていると願掛けではなくただひたすら本尊との対峙に身を置くことで静寂を楽しんでいるかのようでした。一種の瞑想のようでもあります。

キリスト教の瞑想というとサン=ヴィクトル派のものが有名ですけれど、それとは違いますので瞑想というのが的確な表現かどうかは分かりません。

街(村)の中心よりややはずれた一角に「パノラマ」と称される施設があります。
パノラマの入館チケット。左の丸がそれ
ここではキリストの受難をジオラマにした模型が展示されています。1信者が100年程前に作り上げたもので、なんと世界遺産に指定されています(と説明されましたが、現在世界遺産リストに名前が見えません(^^;) )。あのノイシュヴァンシュタイン城でさえ世界遺産ではないというのに。
必見!というほどのものではありません。興味のある方は立ち寄られるといいでしょう。

06_0717-12.jpg

Nikon F100
AF-S VR 24-120mm Kodak GC-400

午前8:00頃、教会で朝のお祈りを終えると、お年寄りが家に帰って行きます。「孫の面倒見なくちゃね」そんなようなことを口にしていました。

いいですね。精神的に豊かなような気がします。

最後にもう一言付け加えさせていただきます。
現ローマ法王ベネディクト16世アルトエッティングからイン川 Inn をこえて東に少し行ったマルクトル ( マークトル Marktl )という街のご出身です。幼少時はアルトエッティングでも修養したと聞いています。このような土地柄だからこそローマ法王になるような方が輩出できると首肯しています。

以上、仁屋番頭がお伝えしました。


ブログパーツ
関連記事
  1. 2006/07/16(日) 18:10:42|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< アドビ・ライトルーム Windowsβ版:Adobe Lightroom Beta 1.0 for Windows | ホーム | アルトエッティング : Altötting その1 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/129-07e07034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...