Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

A200を使用する

AF ……それほど早くも正確でもない。
比較対照機種を所有している訳ではないから、何ともいえないが、乗り換えの対象であったIXYと比べると、同じレベルか、判官贔屓で気持ち上か、といったところ。
ちなみに漠然とした被写体では、IXYは手前にあるコントラストがハッキリしているものに合焦する。(なぜか左手前が多い)A200は中央付近に合わせる傾向にある。

暗所でAF補助光がないのも痛い。が、IXYは補助光があっても合焦しなかったので、所詮コンパクトデジカメの世界は「あって気休め」、で納得している。そしてAF11点セレクタ(11点選択)や、フリーカーソルモード(フレックスフォーカスポイント)を搭載しているので、この点は期待どおり大きなメリットである。

ただしこの機能の利用はかなり面倒で、例えば非合焦と判断したら手動で次の動作に移る。
実行ボタン(セレクタ中央のボタン)」→「ダイヤル/AFモード切替」→「AFセレクタを選択(ローカルフォーカスエリアというそうだ)」→「実行ボタン/決定」
で始めてシャッターが切れる。最初から11点選択モードなどにしておいてもセレクタの位置を変更するには、2番目の「ダイヤル/AFモード切替」が省略するだけで、上記の手順を踏まなければならない。結構多用する機能なのでもう少し簡便にならないかと小一時間。。。

MF ……EVFの表示がワケワカメで、使い物にはなりませんです、ハイヽ(^。^)ノ。

フラッシュ ……ストロボではなくて「フラッシュ」と表記されていて違和感がある。
最初に驚いたのはこれ。専用フードを装着してフラッシュを焚くと、広角側で下部がケラレてしまいます。なんだこれは!? よく見ると説明書にも書いてある。(P.106)噴飯ものである。
Sample01
28mm P-AE フラッシュ発光 フード有り。画面下部に黒い影が見える。


Sample01
同 フラッシュ無し

手持ちなので、角度が揃っていないことは悪しからずご諒承願いたい。
またこの機種、調光がTTLなのかどうかも、説明書・店頭パンフ・ホームページ、いずれも記載されていない。別売りの外部ストロボ250Dがモード変更不可・P-TTLのみとあるので、かろうじてそうなんだろうなぁ、と推測できる程度である。

暴走? ……どこかにメーカーさんにクレームをつけて下さった方の貴重な話が掲載されていたが、時折沈黙気味になったり、手振れ補正がレッドアウト表示になり利かなくなったり、レスポンスが異様に低くなる。この状態になるとお手上げである。上記の話や説明書にも明記され(P.56)、「高温下で長時間撮影された場合、カメラの温度が上がり、手振れ補正機能が自動的に解除されることがあります」とこの状態になるとしているが、
1.あれこれ設定をいじり倒していてもバッファが一杯になるのか再現する
2.AFがあわない時、繰り返し半押ししたり、モード変更をすると再現する。長時間使用しなくても、最初にスイッチを入れた時でも陥る。

時たまならいいが、結構頻繁にご機嫌を損ねてくれる、困ったものである。次にスイッチを入れたときにご機嫌が直っていないと、手振れ補正がガッガッガッと振動してお休みになられてしまうので精神衛生上も悪い。また一度この状態になったとき液晶左1/6がシミ状に黒くなり、撮影した画像も左1/6は黒く死んでいた。下記[注]参照のこと

AEロック ……位置が悪いのか使いづらい。間違ってデジタルズームボタンを押してしまうことしばしば。

デジタルズーム ……知らずに指がかかり、×1.1になってしまうので、AFが中央のローカルフォーカスエリアのみとなりパニックになることしばしば。有無を言わず、こんな機能はカスタム設定で切ってしまいましょう。

[注]仁屋番頭の所持する固体が不良だったことが判明。修理後、このような症状はないことを報告しておく

ブログパーツ
関連記事
  1. 2005/10/28(金) 20:10:07|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<< 画像やパープルフリンジを見る:A200 | ホーム | DiMAGE A200 >>

コメント

ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/dynamic_ppa/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/dynamic_ppa/?mode=edit&title=Aerial%20Space%20&address=http%3A%2F%2Faerialspace%2Eblog33%2Efc2%2Ecom%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/dynamic_ppa/?mail

  1. 2005/10/29(土) 00:57:40 |
  2. URL |
  3. みんなのプロフィール
    #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/2-8b59be71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。