Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

ある日の風景


Rollei 35  フジカラー・Superia 400

たまには古いカメラも動かさないと……と、親子2代にわたって愛用してきた ローライ35 にフィルムを入れたまま、すっかり忘れていた。といっても大分以前から使わないで倉庫に眠りっぱなしだったんだけれど。





「あれはいつだったか……?」
……それは慥かデジカメ時代になって撮りそこねの心配が無くなったので雨を撮したい、とか思っていた時……
「だったら、去年の梅雨頃かしらん」
「もう半年以上経っている。変色しているだろうな」
などと考えつつ、電車の中で巻き取り、現像に出す。

出したついでに、1本フィルムを購入。そそくさと再びローライに詰め込む。これは今日の外回りの時に使い切った。

生産終了の電池の変わりに現行品をアダプタを介して使用。以来、露出計は余りあてにならない。少しアンダー気味にとるようにしなければ、と考えてから実はこれが初めての現像である。これも記憶が定かではないが、今思うと正常動作の時も結構ハイキー気味だったような気がする。

さて帰りがけ、現像だけ頼んでおいたのを受けとり帰宅。PCに読み込むとまあ何の工夫もない写真だが、それほど変色している訳でもない。行きがけにとった嫁さんのコマが一番綺麗に撮れていたので、これで多少面目がたつといったところ。

たしか銀座
フィルムスキャナもあまり使用しないけれど、あとどれくらい持つのだろうか。壊れたころにはもう入手困難になっているんだろうな、などとよからぬことばかり考える今日この頃であった。

関連記事
  1. 2007/03/12(月) 18:34:03|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<< 日本橋 with フィルムカメラ | ホーム | 揺れる街 >>

コメント

Rollei35いいですね。味のある外観といい。いいなーと思わせてくれるカメラです。

 フィルムはきちんと現像、プリントできる店がだんだん少なくなってきているのが気になります。デジタルも(今度出たEOSのMarkⅢは脱帽物です、、、欲しい)いいですけどフィルムカメラで街を廻るとリフレッシュした気持ちになります。
  1. 2007/03/13(火) 16:51:52 |
  2. URL |
  3. レオナルド #-
  4. [ 編集]

Rollei35

コメントありがとうございます。

Rollei35 は機構的にも優れたカメラだと思います。見た感じも私好みで決まっています。
ただ特に最近ですが、ピント合わせが目視であるところがデジカメなどに慣れた身にとって辛いです。

購入時のカタログや説明書などが残っていて時々開くと、今は亡き父がこれを選択したときの様子が目に浮かびます。

更めて銀塩を使用してみると、なにやらレオナルドさんが現像やプリントにも造詣が深いことが頭をよぎりました。羨ましいことです。私は専ら街のDPE店に出すだけなのでサパッリです。今度イルフォードは使ってたいと思います。

EOSのMarkⅢは評判高いですね。採算外なので見ないことにしています。
  1. 2007/03/14(水) 09:18:39 |
  2. URL |
  3. 仁屋番頭 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/206-69d3c997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...