Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天文時計 : プラハ Praha

【1】 1/1000 f4.5 Av ISO160 Sony DSC-R1
以下DSC-R1のRAWファイル現像は SILKYPIX Developer Studio 3.0―ベルビア調


070525_02.jpg
左にリンクしたアルバムにも載せた写真
【2】 1/15 F16 Tv ISO160 Sony DSC-R1
これだけプロビア調だったか
昨年はチェコの写真を UP できたが冬を迎え、晩夏初秋のそれらの写真は季節はずれになってきたこともあり、一応チェコ写真の掲載は終了を迎えた。

でもいくつか UP しそこねたものもあり、季節がまたそれらしくなってきたので、少し拾遺篇を披露したい。



旧市街の市庁舎には天文時計(オルロイ)と呼ばれる時計が観光名所になっている。

この仕掛け時計が動く時間になると広場は世界中から来た人々で埋め尽くされる。

仕掛け時計云々抜きで、いつまでもみとれてしまう、デサイン性に秀でた、美しい時計だ。


070525_03.jpg
【3】 1/250 F10 -0.3EV Av ISO160 Sony DSC-R1

正面の尖塔は1381年建造、高さ 69.5 m 。
天文時計(オルロイ)が資料に最初に現れるのは 1410 年、仕掛けの発明は1490年とされている。

上方の時計は 「プラネタリウーム」 といわれ、時刻や年月日、天動説にもとづく太陽の運行を示す複雑な機械時計である。下方の円盤 「カレンダリウーム」 は獣帯十二宮と月々の農作業の絵が描かれたプレートが回転し、1日1日の目盛を1年で1周するようにできている。


070525_04.jpg
【4】 1/200 F5.6 Program-AE ISO80
Panasonic LUMIX DMC-FZ7 2:3比にトリミング
この写真は同僚が撮ったもの
この機会仕掛けの時計が動くとき、それは正時ごとのできごとである、時計を中心にして周囲に配された人形たちが動く。

髑髏が縄を引き、鐘を鳴らし、砂時計を落とす。すると時計塔の小窓が開き、仕掛けが動き始める。小窓から、広場の人々にキリスト教 12 使徒が順次顔を覗かせる。

作者のハヌシュは、この時計を完成させた後、他の国に同じようなものを作れないように目を潰されてしまったと伝説される。現在ではこの話は後世の作り話であることが分かっている。当時は天文時計の製作が各地で流行し、この時計もその中の1つに過ぎないそうだ。そして実際の製作者はミクラーシュである。

とはいえ、今に残るこの時計が醸し出す、神秘的なイメージを語る象徴的な話として、この伝説が支持されてきたのは頷けるものがある。

2 分足らずのショーだが実際小窓の仕掛けは 40 秒ほどで、シャッタースピードがこれではと調整しているうちに終わってしまった。あらかじめ所用時間のことは知らされていたとはいえ「え。こ、これだけ……」と、いう状況に陥る。

ミュンヘンのラートハウスの大がかりな仕掛けや、現代の仕掛け時計になれている我々には拍子抜けするほど芸がない。
何分 15 世紀の、ほかに例を見ないほどの古さが売りですから
とガイドは苦笑した。


070525_05.jpg
【5】 1/1000 f4.5 Av ISO160 Sony DSC-R1
【1】の元画像
デザインも時代により変更されたようだ。
以前のものは 1865 年時計の修理にともなう画家ヨゼフ・マーネスの手になる星座の絵が描かれていた。

ヨゼフ・マーネスによるプラネタリウームのデザイン


第二次世界大戦以前の市庁舎は、現在の 3 倍もの大きな建物だった。

ナチス・ドイツの爆撃により東側のウィングは全焼、南側 3 棟も大きな被害を受け、現在の建物は戦後の再建。そのときマーネスの手による歴盤も損壊し、現在のものに置き換わったようだ。


千年の都――古都プラハの悠久の歴史を感じさせる一品だ。

The 600 Years from the macula on Vimeo.

オルロイ 600 年記念イベントの映像



ブログパーツ
関連記事
  1. 2007/05/25(金) 20:17:35|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2
<< トラム : Europe | ホーム | アジサイ 1 年生 >>

コメント

 仁屋番頭さん、こんばんは、、プラハはいつ見ても素晴しいですね、、、2年前ですか、ドゥカティのレース取材でブルノまでは訪れたのですが、サーキットだけでしたので、、
 明日からイタリア自転車レースの最高峰、ジロデイタリアの取材です。トレントからの3000m級の山々、オーストリアにも少し入ります。楽しみですね、、、
  1. 2007/05/26(土) 02:54:24 |
  2. URL |
  3. レオナルド #-
  4. [ 編集]

レオナルドさん、コメントありがとうございます。

>ジロデイタリアの取材です。トレントからの3000m級の山々、
ああ、素晴らしそうですね。イタリア方面はよく分からないので、勉強しようとは思っています。
弟が自転車好きで(今は何をトチ狂ったのかトライアスロン)今度よく聞いておきます。

>オーストリアにも少し入ります。楽しみですね
イタリアーオーストリアに抜けるルート、想像するだけでもワクワクです。
何分道中お気をつけて。
ブログにお写真UPも、忘れずにお願いします。楽しみに待っています。(^_^)/~
  1. 2007/05/26(土) 07:17:20 |
  2. URL |
  3. 仁屋番頭 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/221-34db7417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中欧4ヵ国旅行記 ? 2日目(プラハ観光その2)-

プラハ城からカレル橋を望む 景色を見ながらプラハ城の坂道を下りていくと、かなり向こう側に奇怪な石で彫ったようなものが見えました。 グロテスクな石の彫刻? プラハの観光ガイドさんに質問すると、「○○○という、グロテスクという言葉の語源となったものです」とい?...
  1. 2010/12/25(土) 03:44:37 |
  2. YAMAの気まぐれ日記

中欧4ヵ国旅行記 ? 2日目(プラハ観光その2)-

プラハ城からカレル橋を望む 景色を見ながらプラハ城の坂道を下りていくと、かなり向こう側に奇怪な石で彫ったようなものが見えました。 グロテスクな石の彫刻? プラハの観光ガイドさんに質問すると、「○○○という、グロテスクという言葉の語源となったものです」とい?...
  1. 2010/12/25(土) 03:47:14 |
  2. YAMAの気まぐれ日記

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。