Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トラム : Europe

トラム (Tram / Tramway)――市街地を走る路面電車である。

移動の手だてには事欠かせない日常の足である。(といってもむこうで暮らしたことはないけれど)
なんとなく郷愁をしのばせ、なんとなく可愛らしい。今回はトラム三兄弟ならぬ、写真三枚。

それぞれのお国柄もしのべてとても面白い。(これも煎じ詰めてみれば、国別ではヨーロッパはドイツとオーストリアとチェコしか行ったことがない。アハハ)

070530_01.jpg

◆ あか抜けています。場所はウィーン市内。後に見える建物はカールスプラッツ駅。この駅はかのオットー・ワーグナーの設計になる、アールヌーヴォーの先駆けとなる建築物であります。車輌は結構なスピードで飛ばして行きます。
Nikon F100 AF-S VR 24-120mm F3.5-5.6
コニカ centuria A100-S


070530_02.jpg

◆ このバウハウス的な機能美を有する車体は、ドイツ・ミュンヘンでございます。
Sony DSC-R1


070530_03.jpg

◆ チェコはプラハでございます。道が狭いのか、すぐよその車に入られ、いいカットが得られません。後にフラッチャ二ィ:プラハ城が見えます。
Sony DSC-R1
processed RAW material by Photoshop CS2

トラムだけではなく、一度は鉄道の旅、楽しんでみたいですね。


ブログパーツ
関連記事

  1. 2007/05/30(水) 22:08:16|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<< ブルゲンラント:エスターハージー城 ハイドンセット編 | ホーム | 天文時計 : プラハ Praha >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/223-e65beb6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

建築物が気になったぞ

1841年、ウィーンに生まれる。1863年ウィーン美術学校卒業後、新古典主義建築の中心地であったベルリンの建築アカデミーで学んだ。1894年以降、ウィーン美術学校の教授になり、後進を指導した。また、1894年以降、ウィーン市の交通施設・ドナウ整備委員会に参画し、ウィーン
  1. 2007/07/29(日) 10:13:41 |
  2. 建築物が気になったぞ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。