Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

ナナオ EIZO FlexScan S2100


EOS 30D  EF-S 17-55mm F2.8 IS USM
processed RAW materials by DPP 3.0


長年愛用してきたモニタが寿命を迎えた。

省電力モードやOSと通じたときに入るスイッチの音が頻繁に鳴り、画面が消えたりついたり……
2、3日様子を見て、PC側に起因するのかしないのか、問題の切り分け作業に入る。ソケットを差し換えたり、電源を入れ換えたり。一応モニター側の問題だろう判断した。そしてブラウン管が鳴っている訳ではないので、これは修理可能と見てサポートセンターに電話する。

電話ごしに、隠しコマンド?のモニタ側のチェックを教えてもらう。
あれこれ検査した結果、サポセンの人から「モニタの御寿命です」と引導を渡される。これには参った。

というのは、今度買い換えるときは液晶モニタになるであろう、すると「階調表現に難あり」のイメージがあり心配なのである。ほかに画面表示のディレイ。

一応、次に購入するならナナオがいいと思っていたので調べる。AdobeRGB に対応しているものは無理だろうからそれ以外、と情報収集。何やら種類がありすぎてよく分からない。ネットで ColorEdge シリーズでなくても S1721 か S1921という数字で大丈夫との情報を入手したのでこれをもとに電気屋を覗いてみる。

最近は周辺機器も安くなっているだろう、とたかをくくっていたが、このメーカーに限らずどれもそこそこはする。19 インチでは狭いので21インチとも思ったが予想外の価格であった。

しかも S1921 は写真に特化しているということでうってつけだが、数字はそのまま画面の大きさを表していて 19 インチ、この上のモデルはない。この上になると動画やオフィス用途の系統になってゆく。展示品のは方や動画の再生、方や静止画のスライドショー、比較のしようがない。カタログをもらって帰って数字をよく見るが違いがよく分からない。

そこで翌日、某大手量販店に行き店員に尋ねる。まず「写真を主な用途」と店員に説明した上で ナナオと他社の違いを聞く。
圧倒的にナナオ。信頼性が違う
と切って捨てたような返事。二の句を継ぐ隙を見せない。更に言うには、すべての液晶を自社生産で徹底管理しているから、というのがその理由である。
つづいてモデル間の相違。S1921 のみ写真用途を謳っており S1931 や S2100 ほか最近のタイプはオーバードライブ回路を組み込んだ動画再生を謳っているが、そんなに差はあるのか? 店員云く、
全く話にならない。静止画だったら S1921 におよびもつかない
と言いきってスタコラどっかに行ってしまった。

ほんまかいな?
試しに他店に行くと並列展示している。こちらの店舗では動画デモも静止画スライドショーも両機種ともそれぞれ再生している。見ていてもそれほど遜色はない。店員に前話をすると ??? という反応。「自分はそこまで言いきる自信がない」とのこと。

少なくともカタログスペックを見ると S1921 のスペックは全て満たしている、とのこと。展示品を見てもトーンジャンプ等が見られる訳でもない。しばらく悩んだ上で、配送・引取交渉のすえ、謙虚に「自信がない」といいながら親切相談に応じてくれた店で 21 インチの S2100 というモデルを購入することにした。おまけに某大型店より安い価格にしてくれた。今見ると価格コムの最安値よりも安い。

FlexScanシリーズの最高機種 L997 の廉価版としての位置づけらしい。
RGB/CYMの6色独立調整・縦位置自動検出などのいくつかのハードウェア的機能の省略、IPSパネルではなSAMSUN製のVAパネルの採用により低色度変位がやや落ちる(この点から「自社生産で徹底管理」という情報は間違いであることが分かる)、内部 14 bit 演算から 10 bit 演算の廉価版スタイルとなっている。こうした点で L997 に比較すると、場合によっては階調表現が落ちることもあるようだ。

セッティングを終えこの記事を書いていて、いまだ使用感を述べるほどのものではないが、ブログの写真も以前のモニタに比較するとプリントに近いようだ。少し輝度が高くて目が疲れそう。
画面が広くなって事務にはよさそうである。


【2008.7 追記】 その後の使用感

目がやけに疲れる。その後に見かけるモニター評では、ナナオ=SAMSUNの液晶は目を疲労させることで有名らしいことを知る。見にくい。これには困っている。

またコントラスト調整が USB 接続でしかできない。試行錯誤した末、グラフィックボードのドライバソフトのオプションでコントラスト調整をしてお茶を濁している。

ブログパーツ
関連記事
  1. 2007/06/21(木) 21:50:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 鳩の死んだ日 | ホーム | 上高地―散策路 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/231-8d4947dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...