Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レンズとボディとデジタルのテトラレンマ


Sony DSC-R1  プラハ
processed RAW material by Photoshop CS 2


社長赤い屋根が綺麗……
オンラインアルバムにもあったけどこちらにも UP したの

番頭これは DSC-R1 の 14.3 mm域で撮ったもの
35 mm 換算で 24 mm 、恥ずかしながら初めて広角の威力を知りました

課長広角って何?
今まではどうしてたの


番頭番頭が若い頃は、広角は 35 mm って相場が決まっていた
標準ズームは 35 mm ~ 70 mm の 2 倍だった

課長それで?

番頭カメラが趣味ではなかったから、知らないうちに 28 mm が広角の標準に変わっていた  大学のころかな
中国旅行に行くのに叔父に勧められて 28 mm買って持ってたが、散々……
それ依頼トラウマ

社長そういえば過去記事にあったね 「大破」したとか……
でもニコンって書いてある記事にも 24 - 120 mm っていうレンズがあるよ

番頭周辺域が酷くてね
なるべく 28 mmから使うようにしていたし、やっぱり使いこなせないでいたのに変わりがない
それでこの写真
撮った当初は意識していなかったけど、今頃 24 mmっていいなぁ、と感じているところ

課長使いこなせていないことには変わりがないってことね
以上を要約すると「ほとんど偶然」っていうことになりま~す
カメラのお陰ね、アハハハ……

番頭デジ一でも 24 mm 欲しいけど APS-C だからいいのがなくて
いっそ銀塩に戻ろうかと思い、すると、どうせなら中盤スクェアフォーマットに面白そうなのが……とよからぬ考えが浮かぶ。街を徘徊すれども、今あるブローニーもほとんど使用していないし、ってことで死滅する銀塩はサッパリ捨ててデジタルで、という考えに戻ってくる……再び 24 mm のよいレンズがなくて……以下略……
堂々巡りの状態

社長平和な中年……
仕事して...


ブログパーツ
関連記事
  1. 2007/10/25(木) 19:28:54|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 山里の秋 01 | ホーム | 海ほたる >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/255-f2e97157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。