Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

街の情景 :: 秋のおとない November 2005

park01.jpg


ARBOS

金風がとおる
みんなが眠っているあいだに? 道行く人のあいだを?
誰も気がつかない

彼がとおりぬけると

一葉 また一葉

色を染めてゆく
恋でもしているかのように

金風がとおる



昼下がりの公園で
DiMAGE A200
RAW: DiMAGE Viewerで現像
彩度 +1 コントラスト +1
AWB モード Vivid






park03.jpg

彩度+1
シャープネス ハード


park02.jpg

RAW: DiMAGE Viewerで現像
彩度 +1 コントラスト +1
WB 昼光 モード Vivid 57mm

いずれもPhotoshop ELで補正 トリミング



ブログパーツ
関連記事
  1. 2005/11/27(日) 15:53:06|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<< 街の情景 :: 冬が来る前に Schwangau | ホーム | RawShooter 日本語化パッチ >>

コメント

こちらは冬です。

 ご無沙汰しています。おとつい初雪が降りました。
 秋の風景、有難く身に沁みます。
 今年はここもよいお天気の日が比較的多く、去年に比べかなり楽です。気温が気温なのでぶるぶるですけれども。
 少し前からクリスマスマルクトも始まり、皆ホットワインなどを楽しんでいるようです。が、寒いので私は立ち止まってもいません。
 そういえば、コンサート会場での出来事ですが、なんとも無礼な話でしたね。一般的に言って、このように大勢の人を相手にすると不遜な態度に自然になってしまうんでしょうかね。こうした会場の係員に限らず。
 ただ、以前世田谷パブリックシアターで、観客としてきていた坂本龍一が幕間にデジカメで同伴者を撮っていたら、即座に取り上げられたのを見たことがあります。係員は結構な剣幕のようでした。私自身も幕間に愛機ヘキサーを持って行かれたことがあります。何も幕間なんだからいいじゃないかと思いますが、スタッフ教育が兎に角徹底しているんだなと関心します。もちろんイロニーなわけですけれども。
  1. 2005/11/28(月) 03:40:23 |
  2. URL |
  3. 百合屋ノ主 #tvD1xEDg
  4. [ 編集]

ヤア、ヤア、ヤァ

>百合屋ノ主さま

 書き込み有難うございます。
 ドイツの冬は厳しそうですね。
 お元気でしょうか? どうしているのか、気がかりにしていました。
 
 私の方の低レベルな(コンサートの)話はともかく、そちらでは催し物が一杯ありそうですし、たまにはそちらの方の話でも寄せて下さい。
 あと現地の写真でもメールして下さい。ここで頂き物写真として掲載したいと思います。
 
 ミュンヒェンに行った彼女も元気でやっているそうです。とってもよく働くそうで、受け入れ主は喜んでいました。

 もちろん研究の方も大いに期待しています。
  1. 2005/11/29(火) 09:28:17 |
  2. URL |
  3. 仁屋番頭 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/26-47e36655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。