Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

後楽園 Spa LaQua


【後楽園】 Ricoh GX200の写真に差し替え 《2009.2.22》

昨年悠長に過ごしすぎたせいか、今年は正月に入ってからべらぼうに忙しい。
忙しいのはよろしいけれど、昨年たまったポイントでもらった後楽園の天然温泉「Spa LaQua スパ・ラクーア」の無料入場券の期限切れが近づいているのが気になっていた。

そして一昨日は普通に終業をむかえることができそうだった。
一緒に行く相手が見つけられず、仕事帰りに一人でトボトボ行くことに……。初スパ体験である。

といっても、実はドイツの Bad(バート・温泉)には行ったことがある。
ブラームス様も行かれたというバーデンバーデンのような有名なところには縁がないが、Bad Birnbach という温泉地で静養を取ったのである。受付やロッカーの形式などは瓜二つである。もっともこの手のヒーリングスペースは、向こうから日本に入ってきたのであろう。

日本とドイツでもっとも異なる点は、あちらは水温別の浴槽がいくつか用意されており、それが心臓麻痺予防で、 17 ℃前後であるということ。ラクーアでは、サウナから出たとき用の水の浴槽が、18 ℃と表記されていたから、おそらくドイツの水温の平均値はそれを下回っていたと考えられる。冬に行き、しかも私が行ったところは屋外に浴槽を搆えていたので、それはそれは寒く、凍えてたまったものではなかった。
いい面は、やっぱり南ドイツの牧歌的田園風景に囲まれて入るお湯?(どちらかというと「水」)は日本では味わえないでしょう。


Ricoh GX200の写真に差し替え 《2009.2.22》


さて後楽園のスパ・ラクーアに話は戻る。
行ったら最初にタイ式マッサージを申し込もうと算段。ところがこの目論見は見事に敗れて、5時間待ちの宣言を受ける。そんなに待っていたら深夜になってしまうし、のぼせてしまう。

タイ式マッサージは、東南アジアにボランティアに行った折、日本への帰りの道中はタイ式マッサージ三昧の日々だった。これがあまり利かなかったので今回リベンジにと思っていたが、断念。かわりに1時間半待ちで受けられるマッサージを申し込む。

周囲を見れば本を持ち込んでゆったりしている人や、仮眠をとっている人が多い。
なるほど、一人で来てゆっくりした時間を過ごしたほうがよさそうである。

お湯は、東京湾沿岸特有の茶色いお湯。
このお湯は、疲れているところに刺激があってよく利く。
何よりも、温泉は熱いのが一番である、というのが実感するところである。





【2009.2.22追記】
え~、普段仕事でお世話になっている方々の接待ということで、Spa LaQua トライ・アゲインしてきました。

多少システムが変更されたとのことですが、さすがに2度目ということもあり、慣れてきました。

タイ古式マッサージもリベンジで、とりました。ブームが去ったせいかとりやすく、1人ならば何時でも OK でした。現在、平日はそんな感じで、何時間も待つことはないと言っておりました。


ブログパーツ
関連記事
  1. 2008/03/05(水) 18:27:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<< Moon Over Street | ホーム | 銀座 Feb. 2008  >>

コメント

 仁屋番頭さん、お疲れ様です。お仕事お忙しそうですが、息抜きの温泉、これはもっと高級そうですけど。あのファミリー温泉って、、自分は結構好きです。日本ならではの癒し、、、がありますよね。

 あまり無理をなさらずに、、ヨーロッパだと高級な社交の場になっているので、縁が無いです。ファミリー温泉の方が性にあっていますね
  1. 2008/03/06(木) 04:23:06 |
  2. URL |
  3. レオナルド #mQop/nM.
  4. [ 編集]

レオナルドさん、こんにちは。
お気遣いありがとうございます。

>ヨーロッパだと高級な社交の場になっている
そうなんですか。
私の行ったところはリーズナブルで、庶民的なところでした。
新産業なんでしょうね。

「溺愛イタリア」ブログも時々閲覧させていただいています。
イタリアの文化と歴史にお詳しい方々の書き込みが増えたので、ちょっと入り込む余地がありません。ので、ロムが主体になってしまってすみません。

私も加われる話があるときは混ぜていただきますので、よろしくお願いします。
  1. 2008/03/06(木) 08:49:46 |
  2. URL |
  3. 仁屋番頭 #GCA3nAmE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/282-e8a65f35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。