Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

画像やパープルフリンジを見る:A200

画像はJPEG保存したものを使用。リサイズだけしている。全体的に地味目の発色との世評通り。もっとも実際の色に一番近いとも言えるそうだ。

figure01.jpg
[1] 夕刻、根津美術館の敷地にあった石像を取った。ピントは左二の腕あたりに合わせている。補正量が足りず質感が今ひとつ。

F3.2 1/10 P-AE -0.7補正 ISO50 WB:自動 54mm


figure02.jpg
[2] 朝方、上野文化会館。ピントは中央の緑の部分。こういうシチュエーションは無難にこなしている。


F4.5 1/200 P-AE ISO50 WB:自動 28mm





figure03.jpg[3] 銀杏が黄色くなっていたので映す。太陽光は左手やや後だったが、空とのあいだの葉は、パープルフリンジというか色収差というんだろうか、が発生している。普通はエッジの部分に出るだけだが、像の形状を喰ってしまう場合もある。言ってみれば「光かぶれ」というところか。

世評でこの機種は結構発生するようにいっていたが、確かに気になる場合がある。もっと絞った場合の写真も撮っておくべきだったが、所詮撮像素子が小さいので、おのずから限界がある……。
F4.0 1/100 P-AE ISO50 WB:自動 30mm カラーモード:Vivid


figure04.jpg
[4] ボケは結構綺麗である。無理な姿勢で撮ったためかピンが来ていないなぁ。右端に線が入っているのと、全体的にも筋のようなものが見える。




F3.5 1/100 Auto ISO100 WB:自動 200mm/macro



次回はRAW現像の挑戦談をUPする予定。

ブログパーツ
関連記事
  1. 2005/10/29(土) 08:13:07|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 街の情景 :: Wien | ホーム | A200を使用する >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/3-60349f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。