Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Photoshop プラグイン : Nik Software その2

その1はここをクリック


Nikon F100 AF-S VR 24-120mmm : RVP100
Av f11 【ザルツブルク】




画面は Photoshop (CS2) の起ち上がり画面である。
もともとインストール済みだった Color Efex Pro 3.0 のパネルに「Viveza」をインストールすると、Viveza の項目が加わった。(左下のパネル)



画像ファイルを開いて(当然ですが Photoshop ではこの時点で Jpeg ・ Tiff などの、何らかの生成された画像ファイルです。RAW ファイルにこのプラグインは適用できません)、Nik Softwareのパネル上から Viveza プラグインをクリックすると、プラグイン操作画面が現れる。

「サイズスライダ(適用範囲)」「明るさ」「コントラスト」「彩度」「色相」「R」「G」「B」「暖かさ」の項目と、パラメータ操作用のスライダが系図状に表示され、スライダを左右にスライドさせて調整する。分かりやすい。

また初期設定で上記 4 項目を表示させる略表示か、すべてを表示させる拡張表示かを選択でき、作業中にワンクリックで切り替えもできる。(画像に2種類を表示させてみた)

各ポイントは右に一覧で表示され、パラメータの値は数字として表示される。ここでテンキー入力でも変更が可能である。



ポイントを置いた特定色域の調整が可能だが、厳密にいうと、特定色以外も選択され、影響を及ぼしてしまう。そこで同周円状に拡大縮小する「サイズスライダ」(適用範囲)のパラメータを操作して、影響の範囲を調整し、視認しながら操作する。(だからといって特定色以外への影響が無くなるわけではない。あくまでもこのような手法で影響を必要最小限に回避するだけである)

なお説明書では 100% (全画像を覆う大きさ)にすると、効果を及ぼす最適な場所を判断すると書いてあるが、通常設置した場合と特別に差は感じられなかった。

とりあえずパンでとった風景写真の空を、より青くしたい、といったシチュエーションでは、切り抜き合成のような効果は発揮してくれる。





まず左右の岸に広がる木々と建物が逆光で暗く沈んでいる。これを起こす。
・右岸の木の上にコントロールポイントをおいて明るさを 20% くらい上げる。
・同様に左岸の木の上にも置くが、新たに置くとパラメータの調整のし直しや右岸にあわせる手間が生じるので、右岸に設置したポイントを選択しておいて「複製」ボタンをクリックする。すると同じポイントがコピーされる。あとはこれを左岸の適用したいところにドラッグするだけ。
・サイズを小さくして、岸沿いに2つ並べることにした――コントロールポイント1つでは、特定の場所だけを綺麗に選択することはできない。

空もそうなので同様に2箇所設置。
ザルツァッハ川がかすんでしまったので1ヶ所設置、明度を下げて色を出し、コントラストと彩度をちょっと持ち上げて少し自己主張をさせる。これで終わり。



どのようにマスクされているか確認することができる。

右のスペースの「コントロールポイントの一覧」の「表示セクション」をクリックすると、ポイントの選択や表示/非表示の選択ができる。

ここでは左右の岸に配置したポイントだけを選択し、マスクの表示ボタンをクリックした。



画面は作業画面を表示するだけのほか、元画像と 2 画面表示にして、比較しながらの作業が可能。縦並び・横並びも変更可能。

ズーム機能も搭載されているが、ごらんのように画面内に収まる縮小表示と、100%、300%表示など、アバウトなものでしかない。要改良である。ちなみに縮小させるときは、Windows ではAltキー併用のこと。



スポイトで色を選択。
恐ろしく不自然だが夕方らしく、分かりやすい夕焼けにしてみた。

そのほか、変更を加えたくない部分が他のポイントの影響で変化してしまう場合、変更を加えたくない場所にディフォルトパラメータのポイントを置くことによって、影響を回避できるという。



【気になる点】
としては作業中のプレビュー画面、この大まかなズーム機能ではどうしても作業に適した大きさにはならなかった。

またプラグインの作業途中で保存機能がない。一度作業を終了してしまって、あとからやり直そうと思うと、また1から始めなくてはならない。Photoshop CS3 ならばスマートフィルターとして適用され、いつでもアクセス・調整が可能というが、使ったことがないからよく分からない。

Color Efex Pro 3.0プラグインは説明書も何もなく、販売促進用のパンフレット PDF だけがたよりでこれを見ながら使用しているが、Viveza はかろうじて取扱説明書の PDF が付属している。これだけ高価な商品だから、紙媒体で同梱しても良さそうなものだ。





Nik Software VivezaNik Software Viveza
(2008/07/25)
Array

商品詳細を見る

【動作環境:Windows】
- Windows 2000 Professional、Windows XP、Windows Vista
- Pentium III 1GHz 以上のプロセッサ
- 256 MB 以上のRAM
- Adobe Photoshop 7 ~ CS3、Adobe Photoshop Elements 4.0~6.0 または Adobe Photoshop プラグインと互換性のある画像編集ソフトウェア

Nik Color Efex Pro 3.0J Complete Edition キャンペーン版Nik Color Efex Pro 3.0J Complete Edition キャンペーン版
(2008/03/14)
Array

商品詳細を見る



ブログパーツ
関連記事
  1. 2008/08/05(火) 15:00:15|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< らしく…… | ホーム | Photoshop プラグイン : Nik Software その1 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/310-c2bed9da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。