Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

携帯電話

隠し技?のスペシャルモード〝サファリ〟に設定

information
modelRicoh GX200



携帯電話……あんまり得意な分野ではありませんね。

というか、苦手です。

持っていてもほとんど使用していない。
まだ通じるエリアがどうのこうのと課題になっていた時代、かろうじてドコモが入るという地域の仕事を受けざるえないとき、世間様より比較的遅く携帯電話の導入に踏み切りました。そのときは結構活躍してくれました。

その後、はほとんど使わない状態。
興味もないから、買い換えもしなかった。それで何一つ不自由はない。

解約しようとしたが、それはスタッフから「こないだ緊急の時に役に立ったじゃない。だから解約はやめとき」と、進言された。

何年か前には、周囲から
オッ、何だかすごく懐かしくない? そうかサブ機か
なんていわれるようになり、NHK ドラマの回想シーンでは必ずこの時私が持っていた機体が使われるようになった。そしてバッテリーが使えなくなり、今現在使っている機種に変更する羽目になった。

この頃にはドイツ行きの仕事が何回か入っており、ドコモも Foma に移行させたいらしく、Foma の 7 系にしたのだが、これが説明書どおりにやっても、外国で通じない。

DoCoMo ショップに行って話を聞くと、
当初は通じるはずだったが、外国の中継地がこの系統の電波を扱う契約を採用してくれなかったからしょうがない。入りません。9 シリーズだったらできたのに。悪いのはウチではない
というこれまた納得していいのか悪いの分からないが、なんとなく分かる説明だった。

携帯……これをあまり使わないのは、メールはいろいろ入るが、文字入力がどうしようもないから。もっぱら受信専用で、返信は PC で書く。

でも、このあいだのシンガポール行きでも実感したけれど、やっぱり緊急の用の時は、これでなんとかしたい。うちの商店のスタッフは、PC メールも不得手な人がいるから、とにかく緊急の時は日本から電話でもいいから一報だけでも受けられれば有り難い。ヨーロッパの国際電話は、今、日本の国内より安いので、返事は宿からふつうに連絡することもできる。

仁屋商店にときどきいらっしゃる、スーパーのパートをやっているおばちゃんの支給品の携帯でさえ、仁屋番頭の目から見ると、「エッ、そんな便利なことできるの!」という機能がついている。そんないくつかの理由があって新機種に変更したかったのだが、見れば見るほど、どうなっているのか分からない世界。
とても「調べる」というレベルではない。

とりあえず店頭で過去の過程を手短に話すと、
かならずネットだけではなく DoCoMoショップで外国と通信できる機種を確認してから決定して下さい
という返事をもらった。そして

 シャープの SH-06A か 富士通の F-09A か悩んだ。



店頭でいじると F-09A の感触にはかなり不安を抱いた。
まだ SH-06 A は発売前だったが、折りたたみ式であること、同社の他機種の操作感にかなり好感を持って、ほとんど気持ちは SH-06A に決まっていた。

カメラがデジカメ並みだということが売りらしいが、以前にこのブログでも取り上げたように携帯電話カメラの変わりに GX200 があるし、所詮携帯電話なので、この部分は選択肢のメリットとしてカウントしないことにする。

デメリットはバッテリーの持ち、極端に少ない。撮像素子が他社と違って CCD であることが一因とのことだった。

一方、すっかり候補ではなかったはずの、F-09A は文字入力ATOK が入っているとのこと。
また通常入力のほかツータッチ方式中国語入力などもできるという。何のことだかよく分からないが、買い換えの二大理由がこの時点でクリアーできる。
(何のことだか分からないといけないので、補足して書いておくと、1. 海外でもダイレクトに使えること 2. 文字入力がユーザーフレンドリーなこと)
多くのシチュエーションでタッチパネルも使える、オシャレだし。(オシャレな部分は、実は女性的な印象をいだきマイナスポイントだったはずなのだが) カメラもそこそこらしい。

シャープの予測変換もすごく操作勝手に優れた魅力的だったが、店頭でも悩んだあげく、F-09A が手にした。

さて私のビジネス・アパトューニティーをサポートしてくれるのか (W  こうご期待、なのである。(期待するのはボクなんだけどね……)

タッチパネルのシャッターは、ピントを合わせたい所にタッチするだけ。するとそこにピントを合わせに行ってくれ、合うと自動でシャッターがきれる。


関連記事
  1. 2009/06/15(月) 17:31:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 堕天使 | ホーム | 頭隠して尻隠さず >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/378-882cbb6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。