Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラーマとラワナ

05_1215_01.jpg


インドネシア・ジャワ島の影絵芝居 ワヤン
水牛の皮と腸(芯として使用。写真でおわかりになるだろうか)で作られている。

左がヒーロー:ラーマで、右がヒールのラワナ(ラヴァナ、悪魔・妖精)
ご存じインドの古典叙事詩:ラーマーヤナの話である。

インドネシアに行くと昔はインド文化圏だったらしく、インドの文化や制度を摂取していた。その名残で町のお店屋さんの店名や地名は、現地訛のサンスクリット単語で構成されていることが多い。おみやげ物や絵本など、ラーマーヤナが氾濫している。

ストラヴィンスキーの「春の祭典」顔負けの複合リズムを聴かせてくれる有名なバリ島の「ケチャック・ダンス」(ケチャ)もラーマーヤナである。ヒロイン:シータを魔王ラワナがさらってランカー島に逃げたのを、猿王スグリーワの臣下ハヌマーンと彼の部族のお猿さんたちも手伝いラーマが助け出す、というストーリー。これも転訛したサンスクリットで歌われ、今やダンサーを含め、現地人には意味がチンプンカンプンだと言っていた。

売り物の影絵とは違って写真の2つ、実は結構大きく、実際に舞台で使うものを展示品として置いてあった。これを無理に譲ってもらったもの。ギミックで手足が動く。持ちかえるのにトランクに入らず一苦労。シータ姫はいらっしゃらなかったので来日されなかった。

05_1215_02.jpg


上はあまり関係ないがインド菩提樹。しばらく家にあったが、枯れてしまった。

いずれも AFニッコール 50 mm f1.4D購入時に試し撮りで撮った。
パソコン通信がまだ生き残っていた頃「コーティングが新しくなって色抜けがよくなった」とメーカーに勧められて導入。プリントではエッジが切れるようにシャープに写る。

Nikon F100
AF50mm f1.4D
フジカラーSUPERIA400



ブログパーツ
関連記事

  1. 2005/12/15(木) 18:55:59|
  2. 街の情景 Orient
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< ボロブドゥール Candi Borobudur | ホーム | 街の情景 :: 線 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/38-df7d4620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。