Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Meet the イノシシ



information
携帯電話  F-09A


東京駅(八重洲地下)で乗り換えをしていたら、どこかで見た憶えのあるイノシシがドデンとある。
こんなもの前からあったかな? と思ってどこで見たかあやしい記憶をたどる……。

これはもしやイタリア在住のレオナルドさんのブログ “Un Altro Paese” にあった写真のイノシシではないのか。
台座にはフィレンツェのを模してナントカカントカと書かれている。ブログ “Un Altro Paese” は場所はどこと書いてあったかな、ハテ? 記憶にない。

とりあえず携帯電話でバシャッと撮しました。

今ネットで見ると、イタリア / フィレンツェの 猪市場(Mercato Nuovo 新市場)にあるポルチェリーノ(仔豚)……と出てくる。彫刻家ピエトロ・タッカの作品で、1638年、ブロンズ像 3 体が製作されたそうだ。(ウフィツィ美術館蔵。オリジナルは大理石としているホームページもあるなぁ。真偽やいかに)

鼻をなでると幸せが訪れるそうで、鼻がテカテカになっている。
しまった、写真に収めるのが精一杯で、鼻をなでてくるのを忘れてしまった。



詳しいのは http://sukao.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/2007a_porcellin_e5cd.html ここでしょうか。

【追記 1 : 自己訂正】
元はローマ時代の大理石像で、その後にタッカが複製としてこの像を作った……とのことでした。

【追記 2】
映画 『ハンニバル』 で刑事が血のついた手を洗うシーンで登場したそうです。
イタリアのタッカの像は噴水(小便小僧?)で口から水を噴水する仕組みになっているそうです。そしてこのイノシシの鼻をなで、舌にコインをのせ、流れ落ちてうまく下の水受けの排水口に入ると、願いが契うんだそうです。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』にも出ているそうで、調べるほどいろいろ話題性を持っているイノシシちゃんですね。妙になまめかしいポーズをとっているし……(実は最初、それで目にとまった)


ブログパーツ
関連記事
  1. 2009/07/02(木) 19:11:37|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<< ポリティカル・コンパス | ホーム | 梅雨晴間 >>

コメント

そうなんですよ、、、このデカ鼻をなでると、幸せになれる、、、そして口先からコインを落としてそれがうまく賽銭箱(のようなもの)に入ればまたフィレンツェに戻ってこれる、、、、

 日本ってほんとにレプリカが好きですねーそれにしても上野駅で見たトレビの泉レプリカは笑えました、、、背景が写真で、、、中にちゃんとコインも入ってましたからね、、、、
  1. 2009/07/04(土) 02:57:05 |
  2. URL |
  3. レオナルド #-
  4. [ 編集]

ご返事ありがとうございました

>口先からコインを落としてそれがうまく賽銭箱(のようなもの)に入ればまたフィレンツェに戻ってこれる

おおそうですか。ネット情報だと書き手によって得られる御利益が変わります。それが面白い所でもあります。

それにしても東京駅のものは台座もなく、レプリカ中一番素っ気なさそう。
  1. 2009/07/04(土) 09:01:15 |
  2. URL |
  3. 仁屋番頭 #GCA3nAmE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/382-8bc6f2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。