Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モンスター・クレーマー

Schwabing / München

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareCamera Raw 5.5


この不景気のせいか、銀行に行くと毎回いろいろなモンスター・クレーマー(というほどのモンでもないが)を見る。

仁屋商店にも似たような連中が少なからずくるが、大手銀行にも堂々とこんなことを言ってくる人間がいると、ウチだけではなくどこの業界でもかかえている問題だとホッと……もとい、銀行もたいへんだなぁと同情する。

その1

 ・ 客は「鈴木一郎」さんを名のっていた。
 ・ 100 万円 をおろしたい、との希望である。

ところがこの鈴木一郎さん、通帳も印鑑も持ってこられていないご様子。
銀行員は当然
通帳とご印鑑をお持ちになって下さい
と説得。

鈴木一郎さんの言い分はふるっている。
 通帳も印鑑も大事なものだから持ってこれっかよぉ。途中で盗まれたりよぉ、ここでだまし取られるかも知れないだろぉ。
 オレの口座も、印鑑もお前らが知っているはずだ。口座を作るときにオレの名前も教えたし、印鑑も登録しただろうがぁ。何のために登録したと思ってやがるンだぁ。ソッチで確認できるはずだぁ。
 トッとと 100 万持ってこい。オレは鈴木一郎だぁ。調べりゃ、すぐ出てくるはずだぁ。


なるほど。
どこにでもあるような名前にする意味はそこにおありなんですな。
理屈も、マァ、屁理屈の閾を出ないが、ナルホドと思わせる部分もあり笑える。
頭のいい人は考えることが違いますね。

混んでいる日ではございまして、私は順番待ち時間から手続きまで、たっぷり 40 分はかかりましたが、鈴木一郎さんは私が行く前からやっており、帰るときもやっておりました。


その2

年末のあわただしいさなか、手っ取り早くいえば昨日のことです。
ATM で支払いなどを済まそうと行列を並んでいたときのこと、奥のカウンターから突然怒鳴り声が聞こえてきました。

またか!と思ってほかの客といっせいに振り向くと、どうやらいつもと違うようで、携帯電話に向かって怒鳴っていました。

だ・か・ら、お前じゃ話にならねぇ! 従業員を出せ、従業員を!
これの繰り返しです。

ときおりカウンターの行員に
もう少し待ってて下さいねぇ
とか話しながら、相変わらず、携帯に怒鳴り続けています。携帯電話の向こうの方は、従業員に変わる気はないようです。通帳だけはすでにカウンターの上に置いてあります。

そのうちに、行員に対して
あっ、あなた方信じていませんね。それでは今預金をして見せましょう。
とかいって、お財布を出すと、中から取りだしたお札 2 ~ 3 枚を行員に差し出しました。

奥からようやく上司と思われる行員が出てきて、カウンターの女子行員の頭越しに
お客様、あいにくですがお預かりすることはできません
と丁重にお断りしていました。

そういわれて問答数番、「出直しくっからよ」と言って満面の笑みを浮かべて立ち去って行きました。

想像するとどこかから手に入れた通帳を、印鑑もカードもなしで引き下ろそうとして、入手先に電話して、何らかの情報を聞き出そうとしていたようなのです。

全容が分かりませんので、何ともいえませんが、実際のところどうだったんでしょうか。


ブログパーツ
関連記事

  1. 2009/12/29(火) 17:20:25|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<  | ホーム | 月の精 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/412-f589cc5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。