Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

彩度を変更する:DiMAGE A200日記

05_1224_03.jpg

このカメラは遠慮して彩度を中途半端に設定していると、都会では建造物などがメタリックっぽくなるのだが、身の回りのものは +4 位に挙げると、WEBで映える他社のデジカメくらいの丁度良い発色になる。

町に出て試してみていないので、未だ全般的なことは分からないのだが、このブログは仁屋番頭の覚書のつもりなので、書き留めておく。

コントラストの設定をいじると画像が破綻しやすくなる。彩度で行うと、色の飽和などもしやすくなると思いこんでいたが、DPEx等で確認してみると、彩度の増減によって飽和し色飛びする量はわずかにしか過ぎない。同時に暖色傾向になるのは注意。

DiMAGE A200
WB: 昼白色蛍光灯
ISO: 200
f3.2
1/3
彩度: +4




05_1224_04.jpg

05_1224_05.jpg

話は変わってホワイトバランス。
オートだと色がかぶる、との意見があるが成る程である。
晴天下で陽の当たっていない空間(陰になっているというほどではない)で、上はWB:日陰で撮った。下はオート。サムネールで判別しにくくなってしまったが、棕櫚の木で分かるようにオートはマゼンタよりになる。「曇天」モードでも試したが「日陰」が見た目には近い。

ちなみに赤系統は飽和しやすいが、この設定でも彩度 +-0 と大して変わらない。

DiMAGE A200
WB: 日陰(上)/ オート(下)
ISO: 100
f3.2
1/3
彩度: +4
風が出てきてぶれてしまった
関連記事
  1. 2005/12/24(土) 17:52:56|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< カレンダー | ホーム | Oberndorf  >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/42-c67ece49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。