Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

城壁の街 : Rothenburg ob der Tauber その 2

2 日目(Someday, October 2009)
PM. 1:30ローテンブルクの城壁にあがり、「武者走り」巡り
PM. 1:50クリンゲン門を降りてすぐのところで昼食
PM. 3:00ローテンブルク市街散策
PM. 5:00ローテンブルク出発。途中までアウトバーンを走り、ロマンティック街道に入りひたすら南下
PM. 6:20ネルトリンゲン着



城壁から見た街の様子

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6



城壁巡り

当初はクリンゲン門からガルゲン門まで城壁の「武者走り」を散歩するつもりだったが、こなしたい予定はまだたくさんありあとに響くのもなんだし、手っ取り早く、すぐ上れるプルファー塔からクリンゲン門までにした。城壁にはあちこちに昇降口がある。

質素な階段が魅力的



選んだ城壁が直線の場所だったので、今ひとつ立体的ではない写真しか残らない。

家々の瓦は丸く可愛らしい。

瓦を裏から見るとこんな感じ

「武者走り」には寄進者の名前が刻まれる。日本の某テレビ番組の名前もあるらしい。

武者走り上には、このように「矢挟間」(やざま)があいている。城壁各所に設けられている塔は、外的を警戒した物見櫓であり、有事の場合は「矢挟間」から矢を放って防衛する。

という訳でクリンゲン門から降りてくる。

時間はすでに PM. 2:00 に近い。
UBA 氏が
以前仁屋さんと渡欧したときは、 PM. 2:00 をまわるとどこの店も一端休憩時間になっていました。市街中心の有名なところとかは行かず、この近辺で入れるところに入りましょう
との提言をされた。

通りを歩きながら物色してみれば、飲食店はいくらでもある。その中からこの店が好さそう、ということで、行き当たりばったりでお店にはいるのも楽しいことだ。

このお店にすることに決定!(画像は既出):ドイツの郷土パスタ料理シュペッツレが数種類メニューにあり、それを注文した。



ブログパーツ
関連記事
  1. 2010/02/16(火) 12:57:30|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 城壁の街 : Rothenburg ob der Tauber その 3 | ホーム | 城壁の街 : Rothenburg ob der Tauber その1 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/420-41995a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。