Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウォンカのチョコ探し I : Nördlingen

インパクトのあるファサード: NH Klörsterle Nörrdlingen

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.6


日本で最初に考えたのは、ローテンブルクを 19:00 頃出発。

翌日朝一番で出発してお昼までに先方の仕事場に着きたい――ので、この日のうちにできるだけ移動距離を稼いで、アウグスブルクあたりまでは行きたい。ここに 21:00 頃までには着けるだろう、というのが仁屋番頭が頭に描いた青写真。

ところが、この部分に旅行社からアドヴァイスが入る。
それは無理。せいぜいネルトリンゲンが限度であろう
とここの宿を取ってくれてしまった。

宿のいくつかは、旅行社にまかせると約束したので、まぁ丁度いいかな……とアドヴァイスも受け入れることにした。
NH Klörsterle Nörrdlingen (NHクレステーレ・ネルトリンゲン)というホテルだったが、もとは修道院だった、そんな雰囲気のホテルである。

ロマンティック街道をまっすぐ南に降りてくると、そのままネルトリンゲン城壁北側のバルディンガー門をくぐって城壁内に入れる。さらにまっすぐ進とすぐにホテルの裏手に出る。

Nörrdlingen Map
日本では地図が手に入らなかったので、グーグル・マップをプリントして持参したが、ホテルでこの地図をくれた。「● 6」がホテルである。

駐車場はないのでホテル前のパーキングを利用してもらっている
と、日本で確認している。

とりあえずホテル前に車を置き、フロントで駐車場の行き方を聞く。
目と鼻の先の駐車場も、一方通行をぐるりとまわる。そして、ここでも駐車に悪戦苦闘をして、せっかく早めに到着したのに、ホテルにはいるのは 19:00 近くなってしまった。

この駐車場の正面口ではなく、通用口から上階にのぼると、あら不思議! ホテル内に出てこられる。

そんな訳で外食をするため、凍てつく夜の街にコートを羽織って出てみるが、真っ暗な小さな街に飲食店らしきものが見つけられない。

仕方なしにホテルに戻る。


この宿には、修道院時代の内装を残したような素朴な漆喰の壁の食堂と、別にバーがある。
この食堂が地元の会社のパーティで貸し切り。知らずに中にはいると
会社の方ですか?
と聞かれる。
うんな訳ないので、追い出される。 ドン!! ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ アレーッ

結局、食べるところがない街なので、ホテルがそういう場になっているらしい――小さな村々はそうだけれど……仁屋番頭がいつも滞在する村は、夜になるとホテルに近所の老人たちが集まってきて夜が更ける頃まで、トランプをしている。手先を使うのでボケ防止だといっていた。

話は戻り、そこでバーを紹介してもらい、いつもと代わりばえがしない、ビールとヴルスト(ソーセージ)を注文する。

食におかまいなしのドイツを地でいく毎日である。



地図の番号案内
「1」 ザンクト・ゲオルク教会 St.Georgkirche (1427-1505)(開)9:30 展望台は1.75ユーロ
「2」 市庁舎 Rathaus 13世紀
「3」 隣町役場。1522頃 質屋 Leihhaus. もとは公使館的な目的で建てられた。
「4」 ダンスハウス Tanzhaus. 15世紀。おもに布織物の取引に使用された。
「5」 壷いちば Hafenmarkt. 切り妻壁の歴史的建造物が密集している。
「6」 NH Klösterle ホテル。かつてはフランシスコ派の修道院であり、その後は穀物倉庫として改修して使用されていた。
「7」 なめし革の工房を営む家々。ネルトリンゲンの主要な産業であり、現在まで続いている。
「8」 教会付属の養老院
「9」 郷土博物館 Stadtmuseum. (休)月曜日(開)PM1:30~4:30(料)3ユーロ
「10」 リースクレーター博物館 Rieskrater Museum. (休)月曜日(開)AM10:00~PM4:30(料)4 ユーロ
「11」 新水車小屋 Neumühle
「12」 スピッツ塔 Spitzturm. 1327年の日付を持つ中世城壁に15世紀にとりつけられたフォトジェニックな塔。1592年に再建されている。
「13」 バルディンガー塔 Baldingertor. シュヴァーベン地方やフランケン地方に通じる門。30年戦争の1部「ネルトリンゲンの戦い」(1634年)で街が攻勢されたときに深刻なダメージをこうむり、1703年に倒壊している。この塔は砲壁がなかったため、しばしば陥落のための標的になっている。
「14」 パン焼きがま塔群 Backofentürme.16世紀に設けられたパン焼きがま状の防御塔。(仁屋注:「パン焼きがま」とは軍事上の兵站にあるそうです。それとこの塔の関連はよく分かりません)
「15」 上・水塔 Oberer Wasserturm. 城壁を守るため Eger 運河に沿って設けられている。
「16」 ライオン塔 Löwenturm, またはプルファー(火薬)塔 Pulverturm. この塔が設けられた側の城壁を護るための特徴的な防御屋根をもつソリッドな塔。ライオン、もしくは火薬 Pulver 塔と呼ばれている。(1533-35)
「17」 ベルガー塔 Bergerturm.(1362)ウルム方面への門。前方面の防御のために増強された。1574/75年に射撃用上階が設けられた
「18」 新城壁 Neue Bastei(1607-1613)不幸ににして1808-1826 にかけて完全に取り壊された。
「19」 ファイル塔 Feiltur. この塔は囚人牢として使われた。
「20」 古城壁 Alte Bastei (1554, 1598/99) 街のもっとも弱い部分を防御するための堅固な城壁。現在はロマンティックなオープン・シアターとして役立てられている。
「21」 良心の家 Seelhäuser. 貧困者、ホームレスの人たちのために 1453 年に寄付された家。
「22」 ザルファトール教会 Salvatorkirche. 1401年から建設が始まった。聖体の奇跡の後、カルメル会の大修道院のオーダーになり、1422年に落成された。現在はカトリックの教区教会。
「23」 冬の家 Winter'sches Haus(1678) 木骨造り(Half-timbered)の家として改修され、芸術的な玄関ドアがつけられている。(1697)
「24」 Hallgebäude (1541-43)かつては塩やワインを貯蔵庫のように蓄えていた大きな建物。
「25」 ラインリンガー門 Reimlinger Tor. ネルトリンゲンの門は、古くから設けられていたのは 5 つであり、この門もその 1 つである。(14 世紀頃の建材がまだ使われている) ロマンティック街道を通りアウグスブルクへ通じ、さらにその先にはイタリアが待っている。
「26」 ライス塔 Reisturm 1408 年に建造の計画について言及されている。1634 年から 1644/45 年にかけて、おそらくHans Rewssにより建てられた。攻囲壁として改築され、城壁部分に張り出して射撃塔が設けられている。
「27」 ダイニンガー門 Deininger Tor 1516-19 年にかけて新築された際、設置しなおされた。1634 年「ネルトリンゲンの戦い」(30年戦争の局地戦のひとつ)によって深刻なダメージを受けた。
「28」 伝説的なレプシンガー門 Löpsinger Tor (1593-94) ニュルンベルク、ライプツィヒ方面への交通を担っている楼門塔。現在は内部の 6 つのフロアを開放して市壁博物館として利用されている。人形や模型などを使用して、築城の発展過程を展示している。
「29」 穀物いちば / 古いちば Kornschranne / alte Schranne (1601-02) ネルトリンゲンやリース地方の穀物交易のための交易場として使用された建物。
「30」 戦士の噴水 Kriegerbrunnen 1902年 Georg Wrba 作。1870~71年の普仏戦争、及びドイツ帝国の成立を記念して作られたユーゲント・シュティール様式の噴水。
「31」 貨幣の家 Münzhaus 1534~71年、街は自分で貨幣の鋳造をした。
「32」 下・水塔Unterer Wasserturm. 街の護りのウィーク・ポイントは「下・水塔」での防御だった。
「33」 文化館:高等教育を受けるための施設。公共図書館でもある。
「34」 バイエルン鉄道博物館 Bayerisches Eisenbahnmuseum (1985年から)


ブログパーツ
関連記事
  1. 2010/03/31(水) 19:11:52|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 遠い記憶#002 | ホーム | ドイツを旅してVI : 街から街へ その2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/427-b59cb6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。