Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤い靴


information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE
SoftwareDPP 3.8


今日は靴が落ちているのをよく目にした。

正確にいうと、駅のホームで電車を待っていたとき、向かいの線路に赤い小さな靴が落ちていた。
靴が落ちていたのはこれだけで、残りは各のりかえ駅などで、靴底や、靴のカカトなどがはがれ落ちたままになっているのを目にしただだけで、靴ではない。

赤い靴は、

子供が落としたのなら、駅員に言って拾ってもらうだろうにそのままになっているのは、子供をおんぶした母親が電車を降りるときに、子供の足から抜け落ち、気づいてあげられずにそのまま行ってしまっただろうからと、夢想したりする。

気づいた頃には、夢から覚めた靴の持ち主が、泣いて母を困らせているのではないか……そんな顔まで想像してしまう。

それにしても靴底などがオフィス街に点在していたのはなぜだろうか? そういえば番頭も靴底がはがれて困ったのは雨の日だった。天候によるのだろうか。

夢想のつづきはしたくなかったが、これに似た記憶がよみがえった。
昔ボランティアでカンボジアの国境まで行ったときのことだ。

トタンでできた家々に済む難民たちに、日本からの支援で衣糧がゆきわたっていた。靴は履く習慣がなかったのか、あり余る支援のせいか、村や林中に履き物が散乱していたのが印象的だったのである。

ニュースでは連日タイ・バンコクが内戦状態に入ったことを伝えている。
番頭がときどきお世話になるボランティア団体も、東南アジアは本部事務所がバンコクにある。

みんな無事であろうか――人ごとではない気分である。

ブログパーツ
関連記事

  1. 2010/05/20(木) 20:07:21|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< エッグ問答 | ホーム | Cold Night I >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/437-d4dc61b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。