Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年 弥生の肖像

【München 冬の写真ですが】

東日本大震災――
福島では原子力発電所が被災して、2 次災害の体をなしてきた。

首都圏の電力を担ってきたこの原発の被災により、首都圏周辺では計画停電を実施中である。
仁屋番頭のいる東京 23 区では一部地域を除いて停電はない。仁屋もこの恩恵にあずかっている。

それでも節電のために暖房もつけずに毛布を被って生活をしている。
ブログも更新しないでいる。

ドイツ人の友人からも心配のメールが届く。
地震がない ? 国のせいか、ハリケーンとかだと思っている人もいる。そして心配の中心は被曝の方にある。
一応「こんな状況ですよ」の内容を書いて返事をする。PCの電源も小まめに切っているくらいだから、メールも手早くサッサとする。

ドイツはだいぶ以前に脱原発を宣言していたから、もうほとんどないのかと思ったら、7基が稼働していたらしい。そのことに驚きである。国全体としては否定的であるという。今度の日本の事故を契機に、稼働を一時的に停止したとも報道された。

またわが国でも化石燃料を燃してエネルギーを得ることの反省をしていたはずが、今回の震災で、やはり被災地の人々が訴えたのは灯油やガソリン、電力であり、ここに立ち戻らざる得ない現状を目の当たりにし、もどかしさを感じている。
かくいう仁屋番頭も昔電気に頼らない生活を経験していたはずが、暖房ナシでは少々つらくなってきた。被災地の人に遥拝しながら、チョコチョコ使用している。

そして不思議なことに、わが国では脱原発の声も聞かれない。――まだまだこれからのことなのか……。

ドイツの友人たちには、「ドイツ人のように大人になれない日本人です」と文章を結んで返事を返している。

ブログパーツ
関連記事

  1. 2011/03/27(日) 14:13:01|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 老舗の対応 | ホーム | ぬゑの鳴く夜 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/484-a14c157a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。