Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ザルツブルク Salzburg : モーツァルトの生誕地

1月27日がモーツァルトの生誕日だった
今年は生誕250年、生まれ故郷のザルツブルクでは今年1年はモーツァルトイヤーだそうだ
メディアでもたくさん取り上げられていた

当Blogでも一度取り上げ写真も掲示した
遅ればせながら、ここでも生誕 250 周年を記念したい

音楽祭にはヨーロッパ中から社交界の人も集まり賑わうが、普段は小さな落ちついた雰囲気の街だ
現地に在住していた知人から
観光に行くところではない。長期滞在をして味わう街だ

と叱咤された。なるほど、いまだにその機会は得られないがいいことをいう

IMG008.jpg

モーツァルトの生家

図らずも取り上げるのは二度目になった
モーツァルトの生家を訪れると「この小さな家で貧しく暮らしていた」と紹介される
けれども中は結構広い
現在彼らの居室の他、隣接する部屋に魔笛関係の衣装を展示する記念館となっている

モーツァルトの音楽は
どんなに哀しみをたたえていようと、決して春の香りを失わないのがモーツァルトとすれば、ブラームスの音楽は、それがどんなに喜びに満ちたものであっても、つねに秋の翳りを帯びている
三宅幸夫 『ブラームス』)   

という形容が本当ににふさわしいと思う
昔はあまり好みではなく、レクイエムか交響曲40番くらいしか聴かなかったが、ザルツブルクを経験した後、はすっかり愛聴するようになった
彼の音楽はこの地から生まれた

近くのマカルト広場にはこの後に一家が住んだ家が修復されてある


ザルツカマーグートにあるヴォルフガングゼー(ヴォルフガング湖)

ザルツカマーグート(日本ではザルツカンマーグートと呼ばれることの方が多い)は湖畔地帯で美しい

IMG006.jpg

その湖畔の村、ザンクトギルゲンがモーツァルトの母、アンナ・マリアの故郷
彼女が通っていた教会がここ
IMG005.jpg


パン屋さん

鋳工看板で有名なゲトライデ・ガッセにあるパン屋さんのショーウインドー
安息日は休業の店も多い
休みになって出かけるといつも閉まっていた

IMG001.jpg

ガイドブックにもよく載っていたパン屋だったが、この間行ったらなくなってしまっていた
一度も食べずじまいに終わった
クリスチャンではないが「主よ憐れみたまえ」

そもそも安息日を作ったのが主か。。。

Canon AE1-P


IMG004.jpg

ザルツブルク市街

ホーエンザルツブルク城への道
IMG003.jpg

Topにあげた市街の写真は、この城の上から撮ったもの

ヨーロッパは鳩もただ者ではない
IMG002.jpg

ドイツ文学者の小塩節さんは、薔薇の咲く頃のヨーロッパに一度来い、とおっしゃっていたが、私は秋のほうが好きだ
マカルト小橋から見た晩秋のザルツァッハ川
IMG007.jpg

サウンド・オブ・ミュージックでもおなじみの祝祭劇場
IMG010.jpg

異国のせいだろうか……屋根1つとっても絵にしたくなる
IMG009.jpg


以上は Canon AE1-P で

各広場は多く通路で結ばれる
IMG011.jpg


Nikon F100 RVP100
AF-S VR 24-120mm f9.0AE



ブログパーツ
関連記事
  1. 2006/01/30(月) 23:36:27|
  2. 街の情景 Occident
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 雨のカールストーア Karlstor :: ミュンヒェン Muenchen | ホーム | 横町 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/65-8c482e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。