Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の東京駅

night_central_station.jpg


Sony DSC-R1
MODE:スタンダード
ISO:AUTO (160)
露出:f4.0 AE
彩度: +
37mm付近
Photoshop Elementsで補正


夜の東京駅はエキゾチックな雰囲気がする。
もともと大正浪漫(明治時代の設計竣工。大正3年開業)あふれる煉瓦造りの建造物だが、丸の内のオフィス街にライトアップされて、そのアンバランスなところが面白くもあり、今後どう融和されていくのか楽しみなのである。

全然関係ないけれど、
(^_^)v 祝! 荒川静香選手 女子フィギュアスケート金メダル !(^^)!



今は手元にない DiMAGE A200 の画像
夜景モードで撮影 : ISO 200
06_0223_03.jpg
さて、周囲はオフィスビル、IDタグがないと入れない。
向こう正面のレストランの客となり何度かトライしたが、いいスポットが見あたらない。取りあえず駅前で手持ち撮影。
シーンセレクタの「夜景」は思っていたのと違うイメージになるので使わなかった。(夜の暗さが出ない。これは他社カメラでも同じ。参考に旧所持機で撮ったものを上げておく)

開発者インタビューによると、DSC-R1 はウエストレベルで搆え、シャッターは親指で切るように考えられている、としている。(すると液晶とEVFの切り替えスイッチはオートではなく、液晶モニターに設定しておくことになる)
お腹に当ててカメラを安定させ、AEモードは露出優先にするとハレっぽい明るさで赤い。マイナス補正をしてイメージに近い画にする。こういう点でライブビューは便利だと思う。更にPC上で彩度の低い画を作って2枚を合成した。ほかのパラメータは一切いじっていない。
ややねむく(ブレ)ノイズも大分のっているが、シャッタースピードは 1/2 。(Exifは 1/3) 手振れ補正がなくてもこれくらい行けてしまう。

関連記事
  1. 2006/02/24(金) 22:00:58|
  2. 街の情景 Japan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< アユタヤ : Ayutthaya (タイ) | ホーム | 寒池 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/76-546a5bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。