Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千鳥ヶ淵

06_sakura_02.jpg

日本の心、桜の季節。道端の桜も土・日曜日の陽気で随分と開いた。

そういえばここ数年ゆっくり桜なぞ見たことはない。1~2週間の予定をみても花見に行く暇はとれそうにない。そこで始発の電車に乗って、仕事前に桜の写真を取りに行くことを思いついた。

Sony DSC-R1
processed RAW material by Image Data Converter SR

06_sakura_05.jpg

日の出の時間、朝日に照らされたところを撮った




日曜日なのになぜかホテルの二室を借りて夜まで会合。議事も白熱して帰宅は遅かった。

帰ってきて三脚と予備のバッテリーを充電したりしていると宵も更けている。仮眠をとるともう午前4時を回ってしまった。そそくさ起きて荷物をとって、出る前に一つ気になることを思い出す。
そうそう、日の出の時間を確認しないと

暦をめくると、なんと下旬は5時44分になっているではないか。
これでは行っても真っ暗かも知れない (-_-;) そこは最近老齢化を感じ始めている歳、一度決めたらせっかちでこらえることができなくなっている。とにかく出発。

日が出ていないと困るので、降車駅は少し時間的に遠い半蔵門の駅にした。半蔵門の駅に到着するとまた別の問題が。なんと出口が開いていない。ガーン。中央口以外は六時に開くのであった。引き返そうとすると通勤の人も結構いて「もうしばらくすると開けてくれますよ」と言って並んでいる。中央に回るより待った方が得策なのだという。待つことに。

家族は何度か来ているが、私は始めて来た。どこがスポットなのか分からない。北の丸公園の外の堀が有名な景勝の場所と予測しているが、取りあえず地図に「桜並木」とあるので、おとっときは後に回して道なりに並木から歩くことに。パシャパシャやっているうちに、日の出。その時撮ったのが上の写真。

06_sakura_04.jpg

ソメイヨシノではなくオオシマサクラが少しだけあった


結構開いているが、満開と呼ぶにはまだ早い。散歩中のご近所の方が
五分咲きと言ったところ。今度の土日には大分散り始めるという塩梅だ

とご教示してくれた。
続いて堀端を北の丸公園方面に進む。よく雑誌等に載る風景が広がる。

06_sakura_06.jpg

日が少し高くなり、陽が当たるところとあたらぬところの明暗が面白い。

06_sakura_03.jpg

田安門
新御三家の田安家の門。田安様というとドラマの影響か軽いイメージがあるが、門はどうして、重厚な造りである。
06_sakura_01.jpg

もう少しボリュームがあったり、散っていないと今ひとつインパクトが足りない。金曜日あたりが適当か。。。.

終着点は九段下駅。そろそろ出勤の人たちが出てくる。みな地下鉄の階段を上がって外に出ると一言、「ワッ」と驚く。毎日の通勤の道のはずなので理解しにくかったが、土日の陽気で一気に開き、お勤めの人が目にしたのは今日が初めてなのだろう。

私もいい加減に切り上げて、仕事に行かなくちゃ。。。という週初めです。


ブログパーツ
関連記事
  1. 2006/03/27(月) 23:10:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 花のワルツ | ホーム | 萌し (きざし) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aerialspace.blog33.fc2.com/tb.php/96-a2057c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。