Aerial Space

 Digital[な]空間 ― 移ろいゆく現象世界に歩みをとどめつつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Carl Zeiss Jena DDR auto MC FLEKTOGON 2.4/35mm : EOS日記


information
model  Sony DSC-R1


京都:宮津市 文珠堂。なぜか大吉・中吉が吊されている?

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseCarl Zeiss Jena DDR Auto MC FLEKTOGON 2.4/35
SoftwareDPP 3.9


日常カメラを持ち歩くための手軽なスナップレンズが欲しい。
画角は当然 35mm 程度で……。

今度コシナから出るディスタゴン Distagon f1.4 は価格も高額、オーバースペックで気軽に持ち歩けそうにない。またこのシリーズの写りに十分納得しているわけではない。

デジタル時代を迎える以前の発売にかかわらず魅力的な Canon の f1.4L も、気楽に持ち出すレンズではなさそう。そろそろ新型がアナウンスされてもおかしくないし……。

と思っている矢先、CZJ(カール・ツァイス・イエナ/イェーナ) のフレクトゴン Flektogon のことをフと思い出した。
マウントアダプタを介してのオールドレンズは結構面倒くさいので、触手がわかなくなり泥沼に入り込まないようにしているうちに記憶の外へ。

ネットを見るとすでにこの種のブームは去ったのか品数も少なく、良品といえるものは皆無で、ちょっとこれは……という無残なものが ¥30,000~40,000 超の高値で取引されている。以前は 2 万前後だったと記憶している。

そうこう感慨に浸っているうちに Yahoo オークションで比較的好さそうな物が 2 万円少しで出されているのにヒット。出品者も信用できそうだ。

e-bay には良品と思えるものがごろごろしているが、海外のオークションはさすがに手を出す勇気がない。そこで yahoo の即決価格で落札。

35mm のレンズが……と思いめぐらしてから 1 時間足らずで問題解決。

届いてみればピントリングの動きもスムーズで、絞り羽根も問題なさそう。レンズ内にゴミが目視できるということだったが、レンズ表面のように見えるのでシュポしたら吹き飛んだ。外観も出品者参考写真よりも目立たず、いい獲物だった。


マウントアダプタ


今回は OEM で各社の製品を製作しているという宮本製作所のもの(ブランド名:RAYQUAL)を注文した。

アダプタを介しての他社レンズやオールドレンズを以前に使ってみたが、特にニコンのレンズは最近のレンズにもかかわらず、デジタルレンズではなかったせいか、ウェブに掲載する程度でも満足のいく写りは提供されなかった。

それ以上深みにはまるまでもなく興味が薄れたが、今回は常用できる写りをする。
レンズがよいのか、前回の近代インターナショナルの製品の精度がでなかったのか定かではない。

露出の暴れはしょうがないけれど、なかなかいい具合。


レンズフード

左が Pentax 社製ドーム型レンズ。キャップは別売り。しかも在庫不足で入手困難。右が UN (ユーエヌ)社製 UNX-5285。まったくと言っていいほど同じである。
フードばかりたくさん揃ってしまった

オールドレンズなので逆光などには極端に弱く、逆光でなくてもフード無しではコントラストの低い眠い描写になるという。そこでペンタックスのドーム型フードがあうというから購入したが 5D II のようなフルサイズ機ではケラレることが判明。

左の書籍紹介で『オールドレンズ パラダイス EOS DIGITALとマウントアダプタで遊ぶ』なる書籍を紹介したが、実は仁屋番頭自身購入していない。(^_^;)
本屋に立ち読みに行くがどこでももう取り扱っていないというので、ネットで取り寄せると、そのことは書かれていた。


▼続きを読む
  1. 2010/11/26(金) 18:32:38|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピクチャースタイル : Hitoya Standard

金剛輪寺の境内参道にて

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseEF24-105mm f/4L IS USM
SoftwareDPP 3.8
PictureStyleHitoya Standard


ピクチャースタイル : Hitoya Standard は、仁屋番頭がカスタマイズしたオリジナルのピクチャースタイルだ。

EOS の「スタンダード」設定は、いい具合に鮮やかめの記憶色に作られているが、赤系統が浮いてしまって、飽和気味である。

そこでスタンダードの華やかな画作りはそのままにして、何とか赤をおさえようと、作ってみたものだ。

いざピクチャースタイル・エディターでカスタマイズしようとすると、赤一色だけではなく隣接する色域がバランスを取ってともに変化してしまう。屋外写真でかなりの面積を占めている青い空が変色し、また特にデジタルカメラでは再現が難しい紫色系が目に見えて違う色になってしまう。これらの部分を、さまざまな条件の画像ファイルを用意して調整し、どの写真でも違和感ない程度にまとめるのが難しい。

それほど高度な編集技術や知識があるわけではないので、トリッキーな細工は何も施していないが、結果としてどんなシチュエーションでも無難な画像になるようにまとめることができたようでホッとしている。

被写体に露出があって、空が映えない灰色になっている写真でも、階調が残っているとネガカラー的な水色を再現してくれるのが嬉しい誤算である。

ブログパーツ
  1. 2010/10/04(月) 20:22:11|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広角レンズで撮る : EOS日記

皇居から夜の日比谷を撮る

information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseCarl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
SoftwareCamera Raw 5.5


なかなかうまいこと扱えない Distagon T* 2.8/21 ZE
苦難の道は続く……

「光線がとぼしくても色はよく拾ってくれるレンズ」という評は、期待できそう。


ブログパーツ
  1. 2009/12/14(月) 18:20:10|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE : EOS 日記


information
ModelSony DSC-R1
SoftwareImage Data Converter SR Ver.1.0


最近のようにカメラに興味を持つ以前、カメラ雑誌に載っていた、F-Distagon 2.8/16mm HFT の外観部分写真を見て一目惚れした。

「いつかこんなレンズを手にする日はあるのかなぁ」との考えが頭をかすめたたが、まぁ、あり得ない話であった。写真の趣味もなかったし……。

鏡筒正面の分厚いバッフル部分からほぼ水平に全面をおおって連なるレンズ前玉部分、周囲にわずかに突起する花型シェード。連山に囲まれた美しい湖面を見ているようで、いつまで眺めていてもあきない。

今年 10 月 26 日にコシナから EF マウント用の Distagon T* 2.8/21 が出た。
これは対角線魚眼レンズと違うから、Rollei HFT レンズとは当然外観は異なる。が、Carl Zeiss Distagon の超広角特有の面構え? 兄弟のような面影はある。サンプル写真を見ると、売り文句ほどの写りはしないのではないか?と想像する。

そんなおりの円高である。
私見によれば今回の円高は長続きしないだろう……ということで28日土曜の夜、B&Hのボタンをポチリとクリック。こんな機会でもなければ二度と注文する気も起きないだろう。

土曜夜は営業時間ではない。円高も少しづつ下がってきている。いったいいくらで精算されるだろうとハラハラドキドキ。

30 日月曜日の営業日になり Order を受けたとメールが来た。
引き落としの結果は、クリックした日の処理になっており、一安心である。

前回のときと同様、保険も何もナシの安いゆっくり便で送ってもらう。
ただし配送方法が変更になったらしく、到着予定日がやや早くなっている。前回の経験上保険がなくてもたいした被害は出そうもない。ただし前回と異なる点は、到着時に関税を支払う結果になった。

配達のトラッキングを見ると、半日以上たってお店を出荷、アメリカ国内を何度も航空便でトランジットしているらしい。
こんなに…… X 線もかけられるんかいな?……
というほどチェックされ乗り換えをして、まだ 2 日まるまる U.S.A.を出ない……と思っていると 12 月 2 日、突然成田着と表示、あっという間に手元に届く――速い。

箱を開けてみると入れ方が悪く、レンズ外箱がひしゃげていた。写してみるとレンズそのものは大丈夫みたいだ。箱ごとコレクターだったら失格の烙印を押すところ。

はれてオーナーとなったが 24 mm以下のレンズは初めてであり、また EOS のファインダーは Nikon などと違ってピントの山がつかめない。いつも思うが困ったものだ。

ちょっと私には使いこなせそうにないので狼狽している。

写りより製品の感性に共感する、そんなことがたまにはあっていいンじゃないかな、と思っている。なんだか初恋に似ている。


▼続きを読む
  1. 2009/12/03(木) 18:32:33|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どの顔をしたら……



information
modelCanon EOS 5D Mark II
LenseAi AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D
SoftwareDPP 3.6


……いいのかしらん
とはわが家の朝顔なりけり。

デジタルカメラがフルサイズになったら、APS-C 機ではあまり写り映えしなかったニコン・レンズ Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)をマウント・アダプタかまして、写りを確認しようと楽しみにしていた。

例によって忘れっぽい仁屋番頭、昨日まで忘れていたが、記憶喪失が治るように、フト当時の感覚を思い出し、楽しみのつづきに耽ることができるから、けっこう特異体質かも知れない。称して「分散型記憶体験」……何のこっちゃ?

5D II のフォーカシングスクリーンも Eg-S (スーパープレシジョンマット)に交換してある。ファインダーも 30D と比較して広いせいもあり、30D とは雲泥の差でピントリングもしやすいが 28 mm 周辺ではやっぱりピントを合わせるのはしなんの業(わざ)。

肝心の写りは APS-C よりアラは目立たないという程度――というよりはデジタル向きの画作りではないと表現すべきなのかどうか。
やっぱりディスコンされる運命にあったレンズだったのかなぁ――ニコン機で検証してみなければわからない。

朝顔も、ニコン用の顔作りにしたらいいのかキヤノン用の顔作りにしたらいいのか分からないんじゃないかな、と思う。いや朝「顔」だけに、顔は決まっているのかも知れない。

周辺光量落ちといい、ノスタルジックな雰囲気といい、フィルムライクな写真が撮れることが分かったのが収穫。残暑見舞いのハガキはこれで決まり!


ブログパーツ
  1. 2009/08/19(水) 20:09:15|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

画像再生に多途あり : GX200 日記

GX200 じゃないけど、パワーオンにせずに画像を見る方法がリコーにはあり、と聞く。


information
modelRicoh GX200
exposure1/1000
aperture3.2
ExposureBiasValue -0.3
isoEquiv 64
MeteringModeCenter-Weighted
focalLength5.1

GX200 でもできる!?

電源オフのまま、再生ボタンを長押し。

これと上の 2 枚: 5D MarKII + EF24-105mm F4L IS USM
オオッ、成功。

レンズを駆動させないで撮った写真を見ることができるようになった。

ちょっと起動するまで時間がかかるけれど、そんなに長い間「長押し」しなくていいみたい。ボディ背面・左上の緑の LCD (オートフォーカス/フラッシュランプ)が点灯し、次に点滅し始めるけれど、そのために一度消えたときくらいまでで大丈夫。

指をリリースすれば、しばらくして再生するだよ。


▼続きを読む
  1. 2009/04/16(木) 18:23:34|
  2. Digital Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

来訪者数


現在の閲覧者数:    無料カウンター

プロフィール

  仁屋番頭

Author:  仁屋番頭


◆ 仁屋商店の番頭
◆ 何を思ったのか、突然デジタルカメラを準備してブログを始める
◆ 移り変わりゆく街の情景、日常の光景を撮しとめたい ⇒ Read More

Camera
Nikon F100
CanonAE-1P, EOS 30D
EOS 5D Mark II
PowerShot G5 X
PowerShot S100
SonyCyber-shot DSC-R1
 
Film Scanner
NikonCOOLSCAN V ED

読んでね!

■■ コメント & TB ■■
気軽にコメントをどうぞ
■■  著  作  権  ■■
このブログの写真/文章の著作権は仁屋番頭に属します。転載することを禁止し、ご利用頂くことはできません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

LINK


ブログ内検索

アクセスページ(10件まで)

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。